子供に赤いほくろが?普黒くない斑点とは?

スポンサーリンク




子供に赤いほくろが?普黒くない斑点とは?

色素細胞が増える良性のできもの(良性腫瘍)です。
生まれつきのものや子供のときに生じるもの大人になってから生じるものがあり、茶色や黒の小さなしみや隆起として体のあちこちにできます。

 

日本人では足裏にできることが多いため,メラノーマを心配する人が増えています。

 

 

 

赤いほくろの原因は、ほとんどが老人性血管腫です。

 

ほくろのような形をしている老人性血管腫ですが、
実際は毛細血管が皮膚の上に露出しているので、ほくろとは全く違うものです。

 

 

血管が皮膚の上に出ているイメージを持っていただくと、分かりやすいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

鼻の下の縦みぞにあるホクロは、子供との縁が薄く、女性は子宮疾患に罹りやすい傾向があります。
また、心配事が多く心の中が落ち着かない出来事が起きやすいでしょう。

 

 

皮膚も薄くレーザーなどの外的刺激を受けると、かえってその部分に色素沈着を起こしたり、
皮膚がひきつってしまったり、場所によっては粘膜を傷つけてしまう場合があるため、子供の除去手術はあまりオススメできません。

 

 

 

老人性と言うくらいですから、加齢とともに表れてくる症状なのです。
しかし老人性と言っても30代から40代の間に発生する事が多いです。

 

スポンサーリンク

 

すごくまれに10代の子供からも発症しますが、50代になるとほとんどの人が発生すると言われています。
これは個人差がありますし、体質的なものも影響します。

 

 

老人性血管腫は老人がかかりやすい?

 

日本皮膚科学会によりますと、この老人性血管腫は上半身に発症することが多く、大きさは1〜5ミリ程度だそうです。
老人性血管腫は毛細血管が広がることにより発症し、赤いほくろのようになってしまうそうです。

 

 

 

20代でできることもありますし、子供でも発生します。

 

 

 

ホクロのように平らなものから、イボのように出っ張っているものもあります。
見た目がどうしても気になるようなら、皮膚科で治療することが可能です。

 

首イボなどと同じレーザー治療が主となり、保険が適用されないことが多いです。

 

 

 

多く紫外線を浴びているとできてしまうという説もあります。
ですから、夏場などには日焼け止めは必須だということです。

 

 

原因は日光での炎症となり、紫外線対策をしっかり行い、その後はしっかり保湿を徹底することで防ぐことができます。

 

 

 

老人性血管腫の治療は局所麻酔を施し、高周波メスで浅く削り取ります。
術後は軟膏処置で傷を治していきます。

 

血管腫の治療に使用するレーザーを照射することでも治療が可能です。

 

 

 

鼻の周りや頬が赤かったり、近くでみると細い血管が浮き出ていることがあります。
これは毛細血管拡張症といって、毛細血管が開いてしまった状態です。

 

 

 

また1〜2ミリくらいのポチッと赤い斑点が首や体に見られるものは、老人性血管腫といいます。
加齢でできやすくなります。いずれも赤色に反応するレーザーで治療可能です。

スポンサーリンク


 

赤いほくろの画像【皮膚ガン特有のできもの?】

赤いホクロは、できてるその周りの皮膚をつまんでみると、色が消えて、肌の色と同じになります。つまんだ手を離すと、血流が戻り、再び赤くなります。できやすい場所は顔や胸、背中などとも言われますが稀に唇にできるケースもあり、その場合黒っぽく見えます。それはほくろではなく「老人性血管腫」という皮膚老化です。赤...

≫続きを読む

 

赤いほくろの原因となるのは加齢?高齢者に多い?

赤いほくろは、ほとんどの場合が"老人性血管腫"だと考えられます。加齢が原因となる場合が多いですが、実際には比較的若い年代にも見られます。老人性血管腫は、ほくろのような見た目をしていますが、実際はほくろではなく毛細血管が増殖して皮膚の上に露出しているだけです。赤いホクロはしばしばかゆさを伴い発見される...

≫続きを読む

 

赤いほくろが増える?ストレスが原因か?

ストレスが原因で、ホルモンバランスが大きく崩れることもあります。不規則な生活習慣と同じように、ストレスが溜まっている人はホルモンバランスの影響で、ほくろができやすい状態になっています。ストレスや疲労は、ほくろが増える原因にもなります。加齢もストレスなどと同じように、ほくろの元となるメラノサイトと呼ば...

≫続きを読む

 

子供に赤いほくろが?普黒くない斑点とは?

色素細胞が増える良性のできもの(良性腫瘍)です。生まれつきのものや子供のときに生じるもの大人になってから生じるものがあり、茶色や黒の小さなしみや隆起として体のあちこちにできます。日本人では足裏にできることが多いため,メラノーマを心配する人が増えています。赤いほくろの原因は、ほとんどが老人性血管腫です...

≫続きを読む

 

赤いほくろがたくさん腕や胸元にできた?

赤色の正体、実は血液の色なんです。赤いほくろの正体は厳密にいうとほくろではなく、毛細血管が皮膚の上に増殖したものです。病気ではないので心配いりませんが、外見上の理由等で気になるようでしたらレーザー治療が有効です。真皮内の毛細血管の拡張や増殖(病的な増殖ではありません)によって、表皮が伸ばされて赤いホ...

≫続きを読む

 

大きい赤いほくろが?小さいものから小豆大のものまで

黒子(Lentigo)と呼ばれる小さいものから小豆大のやや大きいものまでありますが、通常ほくろと呼ばれているものは、比較的小さいものです。殆どが生まれのきのもので耳や鼻の形の様に決まっているのですが、紫外線・外傷などが原因で出きるものもあります。赤くなるほくろとしては「スピッツ母斑」というほくろもあ...

≫続きを読む