赤いほくろの原因となるのは加齢?高齢者に多い?

スポンサーリンク




赤いほくろの原因となるのは加齢?高齢者に多い?

赤いほくろは、ほとんどの場合が"老人性血管腫"だと考えられます。
加齢が原因となる場合が多いですが、実際には比較的若い年代にも見られます。

 

 

 

老人性血管腫は、ほくろのような見た目をしていますが、
実際はほくろではなく毛細血管が増殖して皮膚の上に露出しているだけです。

 

 

 

赤いホクロはしばしばかゆさを伴い発見されることが多いそうです。
そしてこの赤いホクロのようにみえるものは、実はホクロではなく、老人性血管腫というものなのです。

 

 

毛細血管が増殖して皮膚の上に露出してしまったものなので、
かゆいからといって、かきむしったりすると、出血してしまうこともあります。

 

スポンサーリンク

たまに破れて出血することがありますが、表層部に血管が浮き上がっていることを考えるとおかしくはありません。
病気ではないので心配いりませんが、外見上の理由等で気になるようでしたらレーザー治療が有効です。

 

 

老人性血管腫は赤いほくろのように見えるものですが、ほくろとは別物です。
毛細血管が増殖して皮膚の上に露出しているものです。

 

老人性血管腫は、顔や胸元、背中によくできます。

 

 

 

予防するには、今のところ考えられている皮膚の炎症の対策や生活習慣の改善のみです。

 

小さなものであればレーザー治療によって痕跡も殆ど分からない状態になります。
また液体窒素での凍結治療も効果がありますので、医師の指示に従いましょう。

 

 

 

実は、赤いほくろにみえますが、ほくろではなくて老人性血管腫です。
加齢が原因なのですが、若い方でもできます。

 

肌の白い方や、紫外線を多く浴びた方などに多く見られます。

 

かゆい赤いほくろといわれる老人性血管腫は、毛細血管が増殖して
皮膚の上に露出しているだけです。

 

なので掻いたり、触りすぎると出血してしまうことがあります。

スポンサーリンク

 

老人性血管腫が原因か?

 

「老人性血管腫」という名称が付いていますが、思春期ごろから発現するようになります。
年齢と共に増加しますが、紫外線をたくさん浴びたり、皮膚の炎症を繰り返していると発生しやすいとされます。

 

 

 

紫外線を大量に浴びて炎症を繰り返し起こすことで、発症のリスクが高まります。
そのため、日常的に紫外線を浴びることが多い人、色白の人に起こりやすいと言われています。

 

また、生活習慣が悪化している人も起こりやすいと考えられています。

 

 

赤い斑点の原因の1つが「加齢」によるものでしたが、女性ホルモン「エストロゲン」の減少で
バランスが崩れると、美肌と血管の健康にも関係していることから、老化を加速させてしまいます。

 

 

 

紫外線の影響を最も受けやすいのは、白人です。
天狗が漂流したロシア人ではないかといわれている説もあるように、白人は日焼けによって赤くなります。

 

 

紫外線にも弱いです。そのため、白人系の血を引いている人は注意しなければいけません。

 

 

 

一つや二つある位でしたらそう気にならないのですが、
気づくと体に沢山出来ている場合があり、美容面で悩まれる方も多くいらっしゃいます。

 

化粧品やお薬ではよくならないので、医療機関を受診して取り除いてもらうと良いでしょう。

 

スポンサーリンク


 

赤いほくろの画像【皮膚ガン特有のできもの?】

赤いホクロは、できてるその周りの皮膚をつまんでみると、色が消えて、肌の色と同じになります。つまんだ手を離すと、血流が戻り、再び赤くなります。できやすい場所は顔や胸、背中などとも言われますが稀に唇にできるケースもあり、その場合黒っぽく見えます。それはほくろではなく「老人性血管腫」という皮膚老化です。赤...

≫続きを読む

 

赤いほくろの原因となるのは加齢?高齢者に多い?

赤いほくろは、ほとんどの場合が"老人性血管腫"だと考えられます。加齢が原因となる場合が多いですが、実際には比較的若い年代にも見られます。老人性血管腫は、ほくろのような見た目をしていますが、実際はほくろではなく毛細血管が増殖して皮膚の上に露出しているだけです。赤いホクロはしばしばかゆさを伴い発見される...

≫続きを読む

 

赤いほくろが増える?ストレスが原因か?

ストレスが原因で、ホルモンバランスが大きく崩れることもあります。不規則な生活習慣と同じように、ストレスが溜まっている人はホルモンバランスの影響で、ほくろができやすい状態になっています。ストレスや疲労は、ほくろが増える原因にもなります。加齢もストレスなどと同じように、ほくろの元となるメラノサイトと呼ば...

≫続きを読む

 

子供に赤いほくろが?普黒くない斑点とは?

色素細胞が増える良性のできもの(良性腫瘍)です。生まれつきのものや子供のときに生じるもの大人になってから生じるものがあり、茶色や黒の小さなしみや隆起として体のあちこちにできます。日本人では足裏にできることが多いため,メラノーマを心配する人が増えています。赤いほくろの原因は、ほとんどが老人性血管腫です...

≫続きを読む

 

赤いほくろがたくさん腕や胸元にできた?

赤色の正体、実は血液の色なんです。赤いほくろの正体は厳密にいうとほくろではなく、毛細血管が皮膚の上に増殖したものです。病気ではないので心配いりませんが、外見上の理由等で気になるようでしたらレーザー治療が有効です。真皮内の毛細血管の拡張や増殖(病的な増殖ではありません)によって、表皮が伸ばされて赤いホ...

≫続きを読む

 

大きい赤いほくろが?小さいものから小豆大のものまで

黒子(Lentigo)と呼ばれる小さいものから小豆大のやや大きいものまでありますが、通常ほくろと呼ばれているものは、比較的小さいものです。殆どが生まれのきのもので耳や鼻の形の様に決まっているのですが、紫外線・外傷などが原因で出きるものもあります。赤くなるほくろとしては「スピッツ母斑」というほくろもあ...

≫続きを読む