赤いほくろがたくさん腕や胸元にできた?

スポンサーリンク




赤いほくろがたくさん腕や胸元にできた?

赤色の正体、実は血液の色なんです。
赤いほくろの正体は厳密にいうとほくろではなく、毛細血管が皮膚の上に増殖したものです。

 

 

病気ではないので心配いりませんが、外見上の理由等で気になるようでしたらレーザー治療が有効です。

 

 

真皮内の毛細血管の拡張や増殖(病的な増殖ではありません)によって、
表皮が伸ばされて赤いホクロのように出現してきます。

 

加齢によって出現することも多々あります。

 

 

名前が老人性血管腫ですが、別に高齢者限定でなく、若い人でもあります。
この老人性血管腫は赤いほくろとも言われ、主な原因が紫外線を沢山浴びることにより血管が広がることにより赤いほくろのようなものができる症状です。

スポンサーリンク

 

体質、遺伝、いろんな要素が「それなりに」混じっているのもありますが、コレという何かがあるわけではないです。
その中でも、一番大きな要因は、とにかく「加齢」です。

 

ただ、「刺激を受けるとメラニンは集まりやすい」というのは少なからずあります。

 

 

 

色素性母斑は単純黒子とは異なり、大きく黒いアザのような見た目が特徴です。
先天性のものもあり、生まれた頃から持っている人がたくさん居ます。

 

 

単純黒子より目立つので、コンプレックスを感じる人も少なくありません。
悪性のものもあるので、色素性母斑のようなほくろを見つけたら、皮膚科で早めに診察や除去を行ってもらいましょう。

 

心配でしたら専門家に相談して下さい。

 

良性のホクロも自然に身体が排除しようとしてなくなることがありますが、
一方で消失してから急速に拡大するメラノーマもあるそうです。

スポンサーリンク

 

赤いほくろはメラノーマ?

 

メラノーマとも呼ばれる、メラノサイトが癌化した腫瘍で、非常に悪性度の強い癌です。
放っておくと体中に転移し、最悪の場合5年生存率は10%程度にまで落ちてしまいます。

 

 

1-2mmのサイズで早期に発見・治療を行えば5年生存率も95%以上と予後も良いです。

 

 

 

皮膚の色調を作るメラニン色素を産生しているメラノサイトの悪性腫瘍です。
転移しやすく悪性度の高い癌です。

 

発生には紫外線や繰り返す外的刺激が引き金となることが考えられています。

 

 

 

 

メラノーマは転移やすく悪性度が非常に高いです。
実際白人の多く住む地域では、紫外線対策を法律で義務付ける国もあるくらいです。

 

日本の女性は『美白』に気を使う方が非常に多いですが、
色が白いということは紫外線や刺激でメラノーマができやすいということでもあります。

 

 

 

ほくろとは全く違う基底細胞ガンの診断は比較的簡単で、医師が診ただけでも見当がつくと言われています。
そして診断を確定するために疑わしい部分を局所切除し、顕微鏡下で組織を観る方法がとられます。

 

 

 

悪性黒色腫はメラノサイトが悪性化したのもので、非常に転移を起しやすく、皮膚癌の中で最も悪性度が高い病気です。
初期の悪性黒色腫は、ホクロとの鑑別が非常に難しいとされます。

 

 

 

悪性黒色腫はテレビでも度々取り上げられますが、
皮膚に新しい黒いホクロが出来て、急に大きくなるようなら要注意です。

 

この病気は、わずか1ヵ月対処が遅れるだけでも生死を分けると言っても言い過ぎではありません。

スポンサーリンク


 

 

赤いほくろの画像【皮膚ガン特有のできもの?】

赤いホクロは、できてるその周りの皮膚をつまんでみると、色が消えて、肌の色と同じになります。つまんだ手を離すと、血流が戻り、再び赤くなります。できやすい場所は顔や胸、背中などとも言われますが稀に唇にできるケースもあり、その場合黒っぽく見えます。それはほくろではなく「老人性血管腫」という皮膚老化です。赤...

≫続きを読む

 

赤いほくろの原因となるのは加齢?高齢者に多い?

赤いほくろは、ほとんどの場合が"老人性血管腫"だと考えられます。加齢が原因となる場合が多いですが、実際には比較的若い年代にも見られます。老人性血管腫は、ほくろのような見た目をしていますが、実際はほくろではなく毛細血管が増殖して皮膚の上に露出しているだけです。赤いホクロはしばしばかゆさを伴い発見される...

≫続きを読む

 

赤いほくろが増える?ストレスが原因か?

ストレスが原因で、ホルモンバランスが大きく崩れることもあります。不規則な生活習慣と同じように、ストレスが溜まっている人はホルモンバランスの影響で、ほくろができやすい状態になっています。ストレスや疲労は、ほくろが増える原因にもなります。加齢もストレスなどと同じように、ほくろの元となるメラノサイトと呼ば...

≫続きを読む

 

子供に赤いほくろが?普黒くない斑点とは?

色素細胞が増える良性のできもの(良性腫瘍)です。生まれつきのものや子供のときに生じるもの大人になってから生じるものがあり、茶色や黒の小さなしみや隆起として体のあちこちにできます。日本人では足裏にできることが多いため,メラノーマを心配する人が増えています。赤いほくろの原因は、ほとんどが老人性血管腫です...

≫続きを読む

 

赤いほくろがたくさん腕や胸元にできた?

赤色の正体、実は血液の色なんです。赤いほくろの正体は厳密にいうとほくろではなく、毛細血管が皮膚の上に増殖したものです。病気ではないので心配いりませんが、外見上の理由等で気になるようでしたらレーザー治療が有効です。真皮内の毛細血管の拡張や増殖(病的な増殖ではありません)によって、表皮が伸ばされて赤いホ...

≫続きを読む

 

大きい赤いほくろが?小さいものから小豆大のものまで

黒子(Lentigo)と呼ばれる小さいものから小豆大のやや大きいものまでありますが、通常ほくろと呼ばれているものは、比較的小さいものです。殆どが生まれのきのもので耳や鼻の形の様に決まっているのですが、紫外線・外傷などが原因で出きるものもあります。赤くなるほくろとしては「スピッツ母斑」というほくろもあ...

≫続きを読む