メラノーマが子供の足の裏に?進行速度が気になる?

スポンサーリンク




メラノーマが子供の足の裏に?進行速度が気になる?

メラノーマは発症すると進行が速く知らないうちに進行することも多いそうです。

 

特に足の裏のホクロは歩くことで常に刺激を受けていて悪性化しやすく
また、それに気づきにくいのも難点。ホクロのある方は注意しましょう。

 

 

お子さんの足の裏にある場合も定期的に大きさなどを確認するようにしましょう。

 

 

 

足裏のほくろはすべて悪いものではないにしろ、確かに気をつけなければならないことでもあります。
子供でも足裏のほくろが黒色腫である場合も稀に事例はあります。

 

 

悪性黒色腫である場合は何十万分の一の確立ですが、心配な場合は専門医に一度確かめてみるといいでしょう。

スポンサーリンク

 

 

メラノーマ本来の発症の危険度は、30歳以上の大人の場合となります。
しかし、お子様にも全くメラノーマの危険性がないかと言ったら、確約はできないでしょう。

 

 

もし、最近になって急にホクロが出来たりした場合は、まず静かに様子をみましょう。
そして、最も注意すべき点はそのホクロが短期間に5〜6ミリにまで成長したかどうかです。

 

 

 

元々、メラノーマが出来るのは体の末端部分(端っこの部分)に多いと言われています。
手の先や足先ですね。大体全体の30?40%が、足の裏に出来ます。

 

 

「悪性黒子型」というのは、子供にはできず、直射日光などにより出来てしまいます。

 

 

次に、「結節型黒色腫」というのも、
40代以上に多く、あまり子供にも出来ません。

 

 

そして、子供にもできるのが、
「末端黒子型黒色腫」と「表在拡大型黒色腫」です。

スポンサーリンク

 

 

成長ホルモンの分泌が多いと、その分新陳代謝が高まり、傷の治りが早くなるそうです。
そのため、病院によっては、大人になってからほくろを除去するよりも、子供のうちに除去をすることをすすめているところもあります。

 

 

メラノサイトの集合体であるほくろに対し、そばかすはそのメラノサイトがバラバラに散らばった状態で色素沈着を起こしたものなのです。
その為一か所ではなく広範囲に現れますし、ほくろよりも密度が低い為、色は黒色ではなく薄茶色となります。

 

 

メラノサイトを消す方法は?

 

 

表皮の基底層というところに
メラノサイト(メラニン形成細胞)というものがあります。

 

これが紫外線の刺激を察知すると
メラニン色素が生成されるわけです。

 

つまり、紫外線の受ける量を減らせれば
メラニン色素の生成量も減らせるわけです。

 

 

 

過剰な紫外線を浴びて炎症を起こしたり、繰り返し紫外線を浴び続けると、
恒常的にメラノサイトが刺激され続け、メラニンが作られ続けることになります。

 

まず何より大切なことは、無防備に紫外線を浴びないようにすることです。
日頃の紫外線対策をしっかり行いましょう。

 

 

 

紫外線を多く浴びると、表皮の角化細胞(ケラチノサイト)が肌を守るために、
表皮の最も下の部分にある基底層の中に存在するメラノサイトという色素細胞にメラニンを生成するよう命令します。

 

 

 

メラニンは、もともとチロシンというアミノ酸です。
チロシンはチロシナーゼという酵素との合成を繰り返すことによって酸化が進み、色が濃くなり、最終的に黒色の真性メラニンとなります。

スポンサーリンク


 

 

メラノーマ初期は足の裏に多く出来やすい?ほくろをチェック

メラノーマだとしたら、部分的に組織をつまんで検査する方法は、転移の恐れがありできません。いきなり切除になってしまいます。それも腫瘍だけ取るのではなく、周囲を約3cmほど拡大切除します。足の裏は汗が多いので、暑い時期にやらないというのも、術後の創感染を考えると妥当だと思います。末端黒子型黒色腫は足の裏...

≫続きを読む

 

メラノーマ足の裏の手術方法は傷みが思った以上?

わたしは術後の痛みは子供の頃に転んだ怪我の方が痛いぐらいです。抜歯の後の方が格段に痛かったです。強いて言えば足の裏は皮膚に余裕がないですから、縫った糸で皮膚が引きつれて違和感があることです。手術は直ぐ終わりますから、大丈夫です。手術(メス)はメリットは深い母斑細胞まで残すことなく取り除けるため、再発...

≫続きを読む

 

メラノーマが子供の足の裏に?進行速度が気になる?

メラノーマは発症すると進行が速く知らないうちに進行することも多いそうです。特に足の裏のホクロは歩くことで常に刺激を受けていて悪性化しやすくまた、それに気づきにくいのも難点。ホクロのある方は注意しましょう。お子さんの足の裏にある場合も定期的に大きさなどを確認するようにしましょう。足裏のほくろはすべて悪...

≫続きを読む

 

メラノーマは足の裏のしみが広がったりしてくのが特徴?

メラノーマには、ほくろやしみとは違う特徴があります。世界中の医療機関で広く用いられるメラノーマの診断法「ABCDEルール」を見ると、メラノーマの最大の特徴5つが分かります。特に急に大きくなっていくほくろは危険ですので、早急に病院でみてもらう必要があります。ただのほくろという事もありますので安心するた...

≫続きを読む

 

メラノーマの足の裏治療するのは結構大変?

メラノーマは進行が早く転移しやすいため、発見した時にはすでに治療が困難な場合が多く表皮癌より悪性度が高いです。メラノーマは少ない癌ですが、皮膚癌による死亡者のほとんどを占めています。ほくろはほとんどの人の体にある良性腫瘍の一種で放置しておいても問題ないなく、癌に変わる心配もありません。皮膚は、最外層...

≫続きを読む

 

足の裏がメラノーマのほくろである確率は?見分け方は?

メラノーマのはじまりでは色素沈着は丘の部分にみられます。所見がはっきりしていれば、ほくろに間違いありません。足の裏のほくろがメラノーマに変化することはまずありませんので、放置しても大丈夫です。メラノーマは過剰な紫外線照射を受けることで発生リスクが高くなると考えられています。「日焼けサロン」での紫外線...

≫続きを読む

 

足の裏のメラノーマは痛みはまったくない?違和感はある?

検査については、いきなり患部を切除なんてことは禁忌とされているのでありません。最初の検査はレンズを皮膚面に接着させて診るだけなので、痛くもなんともないので安心してください。急に大きくなる6mm以上の大きさ色がまばら表面がザラザラしているまん丸では無い(形が不規則)ほくろの周りが痛い思春期以降に発症し...

≫続きを読む