メラノーマ初期は足の裏に多く出来やすい?ほくろをチェック

スポンサーリンク




メラノーマ初期は足の裏に多く出来やすい?ほくろをチェック

メラノーマだとしたら、部分的に組織をつまんで検査する方法は、転移の恐れがありできません。
いきなり切除になってしまいます。

 

それも腫瘍だけ取るのではなく、周囲を約3cmほど拡大切除します。
足の裏は汗が多いので、暑い時期にやらないというのも、術後の創感染を考えると妥当だと思います。

 

 

 

末端黒子型黒色腫は足の裏や爪、手のひらに発症する日本人に最も多くみられるタイプです。
ほくろや血豆と似ているので勘違いしやすく、メラノーマと気づかずに放置してしまうケースが少なくありません。

 

スポンサーリンク

 

足の裏の大きなホクロを診てもらうときは、間違っても地域の小規模な病院にかかってはいけません。
大病院で切除手術をするときは1週間程度入院することがあります。

 

 

 

発生しやすい部位は、足底(足のうら)が最も多く約3割を占め
足や指の爪の部分にも多いのが日本人の特徴。

 

そのほか、欧米人と同様に体、手、足、
顔、頭などどこの皮膚にも発生します。

 

スポンサーリンク

 

悪性黒色腫(メラノーマ)は、もっとも悪性度が高い皮膚がんとして知られています。

 

日本人の発症はそれほど多くありませんが、一般的に進行が早いため早期発見が重要です。

 

 

 

日本では年間1,500〜2,000人程度(10万人に1〜2人の確率)が罹患するとされており、
珍しいがんではありますが、高齢化にともない近年増加傾向にあります。

 

発生部位としては、日本人の場合は足の裏がもっとも多い点が特徴です。

 

 

 

5円玉の穴は5ミリちょっとあります。
5円玉の穴をほくろに当ててみましょう。
ほくろがその中に収まればメラノーマの可能性は少なくなります。

 

 

また、メラノーマはほくろのような形ではないものがあります。

 

 

 

転移を早期に発見するためには、手術後の定期的な受診が大切です。

 

 

また、定期的な受診に加えて、患者さんご自身やご家族の方による
全身の皮膚の状態やリンパ節の状態をチェックすることが、転移を早期発見する上でとても大切です。

 

 

 

足裏の悪性のホクロは、最も簡単に発見出来る最も質の悪い病気だと思います。

 

風呂入ってる時でも、寝る前でも良いので、
足の裏や日頃日光に当たらない所に見慣れぬホクロを発見したら、念の為に病院に行くことを強く進めます。

 

悪性のホクロに注意?

 

メラノーマの患者さんのお話から、ほくろを時々いじったり、
傷つけたりしてから、ほくろが変化してきたと言う方が一人や二人ではなく、しばしば耳にします。

 

 

よって、ほくろは癖でいじったり、自分でとろうと傷つけたりしないで、できるだけ刺激をしないように心がけましょう。

 

 

 

通常はもともと良性のほくろが悪性に変化することは滅多にあるものではありません。
ですが良性だと思ってたのに検査してみたらメラノーマの初期だっということも少なからずありますので油断は大敵です。

 

スポンサーリンク


メラノーマ初期は足の裏に多く出来やすい?ほくろをチェック

メラノーマだとしたら、部分的に組織をつまんで検査する方法は、転移の恐れがありできません。いきなり切除になってしまいます。それも腫瘍だけ取るのではなく、周囲を約3cmほど拡大切除します。足の裏は汗が多いので、暑い時期にやらないというのも、術後の創感染を考えると妥当だと思います。末端黒子型黒色腫は足の裏...

≫続きを読む

 

メラノーマ足の裏の手術方法は傷みが思った以上?

わたしは術後の痛みは子供の頃に転んだ怪我の方が痛いぐらいです。抜歯の後の方が格段に痛かったです。強いて言えば足の裏は皮膚に余裕がないですから、縫った糸で皮膚が引きつれて違和感があることです。手術は直ぐ終わりますから、大丈夫です。手術(メス)はメリットは深い母斑細胞まで残すことなく取り除けるため、再発...

≫続きを読む

 

メラノーマが子供の足の裏に?進行速度が気になる?

メラノーマは発症すると進行が速く知らないうちに進行することも多いそうです。特に足の裏のホクロは歩くことで常に刺激を受けていて悪性化しやすくまた、それに気づきにくいのも難点。ホクロのある方は注意しましょう。お子さんの足の裏にある場合も定期的に大きさなどを確認するようにしましょう。足裏のほくろはすべて悪...

≫続きを読む

 

メラノーマは足の裏のしみが広がったりしてくのが特徴?

メラノーマには、ほくろやしみとは違う特徴があります。世界中の医療機関で広く用いられるメラノーマの診断法「ABCDEルール」を見ると、メラノーマの最大の特徴5つが分かります。特に急に大きくなっていくほくろは危険ですので、早急に病院でみてもらう必要があります。ただのほくろという事もありますので安心するた...

≫続きを読む

 

メラノーマの足の裏治療するのは結構大変?

メラノーマは進行が早く転移しやすいため、発見した時にはすでに治療が困難な場合が多く表皮癌より悪性度が高いです。メラノーマは少ない癌ですが、皮膚癌による死亡者のほとんどを占めています。ほくろはほとんどの人の体にある良性腫瘍の一種で放置しておいても問題ないなく、癌に変わる心配もありません。皮膚は、最外層...

≫続きを読む

 

足の裏がメラノーマのほくろである確率は?見分け方は?

メラノーマのはじまりでは色素沈着は丘の部分にみられます。所見がはっきりしていれば、ほくろに間違いありません。足の裏のほくろがメラノーマに変化することはまずありませんので、放置しても大丈夫です。メラノーマは過剰な紫外線照射を受けることで発生リスクが高くなると考えられています。「日焼けサロン」での紫外線...

≫続きを読む

 

足の裏のメラノーマは痛みはまったくない?違和感はある?

検査については、いきなり患部を切除なんてことは禁忌とされているのでありません。最初の検査はレンズを皮膚面に接着させて診るだけなので、痛くもなんともないので安心してください。急に大きくなる6mm以上の大きさ色がまばら表面がザラザラしているまん丸では無い(形が不規則)ほくろの周りが痛い思春期以降に発症し...

≫続きを読む