メラノーマ【手の爪に縦筋が出た?ガンの見分け方は?】

スポンサーリンク




メラノーマ【手の爪に縦筋が出た?ガンの見分け方は?】

毎日手をじっくりと観察すると言うことはありませんが何気なしに見たときに手の爪に黒い線がはいていると言うことがあります。
このように突然できた黒い線を見たときに最初に頭に思い浮かぶのがメラノーマになります。

 

 

 

顔や首、手の甲など、日焼けしやすい部位に現れます。
初期症状は茶色っぽい色素斑が現れ、
進行はゆるやかですが、やがて濃い黒色になります。

 

発症しやすいのは60歳以上の方ですが、4つのタイプの中では一番発症率が低いです。

 

スポンサーリンク

 

爪のメラノーマは殆どの場合、爪甲を縦断する黒い線として始まり、徐々にその幅が広くなっていきます。
この時点で手術を受ければ100%治癒しますが、これを放置して爪の下に腫瘍ができてくると転移する恐れがあります。

 

 

 

乾燥していると縦線が入りやすくなります。
また、美容師や主婦など水回りの仕事が多い人もなりやすい傾向にあります。

 

指先や手だけでなく、爪もしっかりハンドクリームでケアしましょう。
ネイル用のオイルを使用するのも効果があります。

 

 

 

爪が湾曲し爪の横に食い込んだ状態で、外傷と似ています。痛み、炎症、化膿などの症状が合併。
原因は深爪が多く、けがが原因となることもあります。

 

 

診断は専門医であればその場で診断可能。治療法は、化膿している時には、応急処置として部分的に爪を切除します。

 

 

 

足の裏、手のひらに見られる症状は、最初は黒褐色の平坦なシミが現れ、
それが広がると青や赤などの他の色が混じるようにようになります。

 

爪見られる症状は、黒褐色の縦の線が最初に現れ、
それが爪全体に広がり、さらに指や手全体の皮膚へ広がっていきます。

 

 

 

爪甲委縮症と呼ばれる症状があるのですが、これは生まれつき爪の成長が上手くいかない病気になります。

 

 

縦線ではなく、ぼこぼこした爪に成長している場合もこの症状が考えられますので、
対策としてはバランスの良い食生活をして、生活習慣を正すことが大切です。

 

 

 

末端で足の裏や手の平、手の指の爪などを刺します。メラノーマの25%は末端に発症します。
メラノーマは「高齢者のがん」と思われがちですが、末端で発症する患者は40代や、それより若い人の場合もあります。

 

 

 

悪性黒色腫だと分かった場合には、早期に手術し、完全に切除すれば完全寛解につながるといわれています。
進行してしまった悪性黒色腫に対しては、手術、化学療法、免疫療法などいろいろな手段を組み合わせた集学的治療が行われます。

スポンサーリンク

早期に手術すれば治りやすい?

 

早期発見がとても重要ですが、メラノーマは病期が進んでから見つかることが多い皮膚がんです。

 

通常皮膚がんは、皮膚の表面にできるため目立ちやすく、発見しやすいため早期発見が可能です。

 

 

 

早期のまだ転移していない低リスクの患者さんには、不必要な大きな切除をしなくても完全治癒が可能であり、
一方リンパ節転移などのある患者さんには局所は良いコントロール状態を保ちつつ、
最近飛躍的に進歩した薬物療法などでケアしていこうというものです。

 

 

 

悪性黒色腫(メラノーマ)の場合には、悪性度が非常に高く、
がんがまだ小さい早期の段階から転移を起こし、
治療をしたとしても再発率が高いので、予後が悪い傾向にあります。

 

 

 

がんに対する今日の標準的な治療法の多くは早期の臨床試験を基本にしています。
臨床試験に参加する患者さんは標準的な治療を受けるか、初めて新しい治療を受けることになるかもしれません。

 

スポンサーリンク


 

メラノーマ爪の初期症状は見逃すと高確率で死亡する?!

顔や首、手の甲など、日焼けしやすい部位に現れます。初期症状は茶色っぽい色素斑が現れ、進行はゆるやかですが、やがて濃い黒色になります。皮膚がんであるメラノーマは自分自身で発見できるがんでもあります。それと同時にがんですから、異常を発見した時にすぐに受診しなくては悪化してしまうことがあり、発見が遅れた場...

≫続きを読む

 

メラノーマが爪に血豆で出現?放置しちゃダメ!

皮膚がんの中でも進行が早く、転移しやすく、さらに死亡率が高いため、早期発見早期治療が欠かせないのですが、 メラノーマは見た目がほくろや血豆に似ている ため、発見が遅くなってしまうことが多いです。血豆が大きく発生している場合は、病院へ行って血を抜いた方が良いでしょう。他の細菌に感染する恐れもあり、治療...

≫続きを読む

 

爪にできるメラノーマ治療法は?見分け方や病気の可能性は?

ステージTからVにかけては、とりあえずメラノーマの転移を防ぐ必要があるので、切除しなくちゃなりません。爪の場合、指の場合だったら「切断」の覚悟も必要です。メラノーマ爪とは、メラノーマという皮膚がんの一種が爪に出来る状態を言います。T期で治療すれば5年生存率が95〜100%と比較的治癒率が高いのですが...

≫続きを読む

 

メラノーマ爪の画像写真を見てみる

メラノーマ爪の画像写真ついて詳しく写真や画像で見ていきたいならYahoo画像検索・Google画像検索で「メラノーマ爪の画像写真」や「メラノーマ爪 画像」と検索すると色々な写真画像を見ることができます。Yahoo写真画像検索エンジンはこちらをクリック!Google写真画像検索エンジンはこちらをクリッ...

≫続きを読む

 

メラノーマ【爪から内出血の黒いスジは危ない?】

爪の内出血に症状が似ているのが、皮膚ガンの一種「メラノーマ。日本国内でメラノーマを発症する人は年間1500~2000人です。多い病気ではありませんが、進行が早く、恐ろしい病気なのです。見分けるための一番のポイントとは黒い筋が移動するかどうか。これが見分けるための一番のポイントです。メラノーマの進行度...

≫続きを読む

 

メラノーマ爪の検査方法がない?転移したら無理?

「メラノーマ」とは皮膚ガンの一種で、メラニン色素を作る細胞、「メラノサイト」が悪性化する病です。ガンの中でも最も転移しやすく、短期間で全身に広がる恐ろしい病気です。日本では、年間1500人から2000人が発症。転移すると、90%が5年以内に死に至るといわれているのです。検査方法としてはダーモスコープ...

≫続きを読む

 

メラノーマ【手の爪に縦筋が出た?ガンの見分け方は?】

毎日手をじっくりと観察すると言うことはありませんが何気なしに見たときに手の爪に黒い線がはいていると言うことがあります。このように突然できた黒い線を見たときに最初に頭に思い浮かぶのがメラノーマになります。顔や首、手の甲など、日焼けしやすい部位に現れます。初期症状は茶色っぽい色素斑が現れ、進行はゆるやか...

≫続きを読む