子供のかゆいブツブツはダニが原因の可能性が高い?

スポンサーリンク




子供のかゆいブツブツはダニが原因の可能性が高い?

 

ダニに刺されると赤く腫れた斑点が出てきて、その大きさは0.5〜1センチくらいです。
症状はすぐに出てくるのではなく、時間がかなり経過してから(刺されてから8〜24時間後)症状が出てきます。

 

 

 

ダニの特徴は、1箇所だけではなく複数個所の発疹ができることです。
特に、赤く皮膚が盛り上がる丘疹といわれるものが、太もも、わきの下、お腹に2箇所以上現れてたらダニを疑いましょう。

 

ダニは通常1箇所だけではなく2箇所ほど刺すので左右非対称に数個の発疹が1箇所目の近くに出来ていたら蚊ではないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

見ただけでは判断がつきませんが、蚊とダニの最大の違いは、刺された傷口の穴の数です。

 

蚊は穴が1箇所あきますが、ダニは2箇所並んで穴があきます。ですから、穴が1カ所だけなら、蚊の可能性が高いのです。

 

ダニは風通しが悪く、高温多湿のところを好み、
人の皮脂や髪の毛を餌にしているため、特に布団やカーペット、じゅうたんの中はダニの格好の生息場所です。

 

 

汗をかきやすく、体温も高い赤ちゃんはダニの標的になりやすいため、赤ちゃんのダニ刺されには注意が必要です。

 

スポンサーリンク


 

 

刺される場所は主に身体の柔らかい部分、二の腕・お腹・太ももはイエダニに噛まれる事が多い部分で、必ず露出していない部分が噛まれます。

 

パジャマやジャージを着ていて寝ていても、イエダニは服の中に入り込んで噛むので、服の下の柔らかい部分を噛まれたらイエダニの可能性が高いです。

 

 

 

蚊などの虫は、刺された穴が1つの場合が多いです。
ダニはすぐ近くにもう1箇所穴を開けてしまうことから、傷口に2つの穴が空いているとダニの仕業だと分かるんです。

 

 

 

 

犬や猫を飼っていると発生しやすく、特に枕や布団、毛布にダニが住み着きやすいので、寝ているときにダニに咬まれる方が多いようです。

 

そのため、生活環境を日頃からできる限り清潔にし、ダニを可能な限り殺菌するほかに予防方法はありません。

 

ダニを殺菌する予防方法とは?

 

ダニはいろいろなものをえさにしますが、なかでも好物なのが、不飽和脂肪酸を含んだフケやあか、髪の毛などです。不飽和脂肪酸は、がんなどの成人病を予防する栄養素として最近、注目されています。

 

ネットで話題になっているのが「レモンアルコール」を使ったダニ駆除方法。
簡単に言うと、レモンの皮&果汁をアルコールに浸けた液体を布団やカーペットなどにスプレーで噴射してダニを駆除しようという方法です。

 

そのほか畳の表面だけではなく、畳の下のホコリもダニの繁殖を助長します。
必ず取り外して、下に溜まったホコリも掃除機で吸いましょう。

 

そして、畳を戻す前に、ダニ獲りシートや乾燥剤などを仕込んでおきます。
そうすることによって、効果的にダニを駆除することができます。

 

尚、にんにくには紫皮のものと白皮のものがありますが、抗菌・殺菌作用は紫皮のもののが強く、生のニンニクと加熱調理したニンニクでは生のニンニクの方が抗菌・殺菌力が強力とされます。

 

カビやダニが発生するのにはいくつかの条件がありますが、一番の原因は湿度と栄養分です。
湿度が上がるとカビが発生しやすくなり、それにハウスダスト(食品屑・ふけ・ペットの毛等のほこり)が栄養分となり、ダニが大量発生しやすくなります。

 

ダニは畳を綺麗にすればいなくなる?

 

できるだけ丁寧にかけましょう。
掃除機のゴミを頻繁に捨て、吸引力を強くしておきましょう。

 

ある実験で、1日に1平方メートル当たり約7分(6畳間に換算すると1時間)掃除機をかけることを1ヶ月続けたら、ダニが1/5に減ったというデータがあります。

 

発生条件は温度にして25〜28度、湿度は60%以上です。対策としては、畳の上に敷物を置かないようにすること、日頃から掃除を行うこと、防虫シートを使用すること、乾燥器や天日干しなどによって熱処理することが大切です。

 

一度畳を上げ、畳床に粉末ナフタリンを撒いておきます。
一週間ほど放置しておくと、ダニが畳表面に逃げてくるので、掃除機でこまめに吸い取ってください。

 

煙式駆除剤と注入式駆除剤があります。煙式駆除剤を使用する時は、畳を起こして立てかけたほうが効果的です。ただ畳内部に潜っているチリダニやツメダニにはそれほど効果的でないようです。

 

 

スポンサーリンク

 

かゆいブツブツが子供に突然大量発生?!

あせもは汗を大量にかくことで起こる皮膚疾患です。特に子供は汗をかきやすく、無意識のうちに患部を掻きむしってしまうので、症状を悪化させてしまうこともあります。症状としては、2ミリ程度の湿疹が大量にでき、患部がかゆくなるのが特徴です。かぶれ、湿疹、汗も、ニキビが考えられますが、判断できないので、石鹸洗浄...

≫続きを読む

 

子供のかゆいブツブツはダニが原因の可能性が高い?

ダニに刺されると赤く腫れた斑点が出てきて、その大きさは0.5〜1センチくらいです。症状はすぐに出てくるのではなく、時間がかなり経過してから(刺されてから8〜24時間後)症状が出てきます。ダニの特徴は、1箇所だけではなく複数個所の発疹ができることです。特に、赤く皮膚が盛り上がる丘疹といわれるものが、太...

≫続きを読む

 

かゆいブツブツが子供に?熱はない?

突然現れる子どもの発疹。発疹はいろいろな病気のサインになっている場合があります。発疹が出る原因は様々なものが考えられ、特定はなかなか難しいものです。突然39度程度の高熱が2〜4日続きますが、熱のわりに元気な子が多いです。原因ウイルスが2つあるため、2度かかってしまうこともあります。6ヶ月〜2歳の乳幼...

≫続きを読む

 

子供にかゆいブツブツが足に広い範囲に発生した?

子供が訴える、痒みある湿疹は多岐の上ります。具体的に子供の湿疹には、どのようなものがあるのかを覚えておく必要があります。汗疱は手足、特に手のひらや足の裏に現れる湿疹で、極めて小さな1〜2mmの水ぶくれが生じます。手のひらや足の裏に汗をかきやすい人に現れる傾向があり、汗が全て皮膚から出ずに一部が中に溜...

≫続きを読む