かゆいブツブツが増える時はすぐ対処するべき?

スポンサーリンク




かゆいブツブツが増える時はすぐ対処するべき?

 

汗疱は手足、特に手のひらや足の裏に現れる湿疹で、極めて小さな1〜2mmの水ぶくれが生じます。
手のひらや足の裏に汗をかきやすい人に現れる傾向があり、汗が全て皮膚から出ずに一部が中に溜まってしまうことから生じます。

 

汗の量が増える夏ごろになると最も多く表れる症状です。

 

 

 

体にかゆみをもたらす原因には、ダニなどの寄生虫のほかに、いろんなタイプの皮膚炎、体の病気、服用している薬や肌に触れるものなど、たくさんあります。
特定の時期や年齢により、でやすいかゆみもあります。

 

スポンサーリンク

 

指のぶつぶつ・ぷつぷつは手湿疹(指湿疹)、時には主婦湿疹と呼ばれています。
原因はまだわからない部分が多いそうです。

 

 

 

 

ぶつぶつ・ぷつぷつを治すというよりは、保湿を目的にたっぷり塗ってあげましょう。
最近では、「水仕事OK」の優れもののハンドクリームも販売されています。
水に触れる機会の多い皆様にはありがたいです。

 

スポンサーリンク


 

皮膚にはマラセチア菌というカビの一種が常在しています。
マラセチア菌は皮脂を食べるので、汗をかきやすい時期には異常に増えることがあります。

 

 

マラセチア菌が増殖するとその分解物も増え、それが刺激となり皮膚が炎症を起こします。
これがマラセチア毛包炎で、赤いぶつぶつした湿疹がたくさん発生します。

 

 

 

通常であれば肌にある角質は、肌サイクルによってはがれ落ちるのが自然です。

 

これが、古い角質がはがれ落ちてくれない時、毛穴に詰まってしまうそうです。
こうなると皮膚の表面に盛り上がりができ、外から見ると「ぶつぶつ」になってしまうとのことです。

 

 

 

お肌は本来、弱酸性です。
汗は弱アルカリ性の傾向がありますので、汗をかいたまま長時間放置することにより、肌バランスが崩れます。
肌のアルカリ性化が進むと雑菌の繁殖が進んで悪臭の原因になるばかりか、お肌の刺激にもなり、かゆみにつながるのです。

 

スポンサーリンク

 

痒いブツブツが腕に広がる?二の腕の原因とは?

二の腕の内側は、水分が保たれやすく、白くやわらかな部分です。そのため、乾燥は起こりにくいものの、刺激に弱く、 衣服の摩擦によって、かぶれてしまうことがあります。反対に、二の腕の外側の肌は、外気や衣服、タオルなどの物質などに触れることが多いです。形から命名された皮膚病のため、原因はさまざまです。皮膚の...

≫続きを読む

 

かゆい腕のぶつぶつが乾燥する?冬本番の乾燥肌対策とは?

「冬本番」という言葉を実感する季節は日本列島には強い寒気が流れこむ日が続き、街中にはロングコートやダウンジャケットを着込んだ人が目立ちます。鍋料理や雪景色など、この季節ならではの楽しみもありますが、寒さが厳しくなるとともに肌の乾燥がひどくなり、さまざまな皮膚トラブルに悩まされている人も多いです。乾燥...

≫続きを読む

 

かゆいブツブツが増える時はすぐ対処するべき?

汗疱は手足、特に手のひらや足の裏に現れる湿疹で、極めて小さな1〜2mmの水ぶくれが生じます。手のひらや足の裏に汗をかきやすい人に現れる傾向があり、汗が全て皮膚から出ずに一部が中に溜まってしまうことから生じます。汗の量が増える夏ごろになると最も多く表れる症状です。体にかゆみをもたらす原因には、ダニなど...

≫続きを読む

 

かゆいブツブツが全身に!?夕方から特に多く出る?

わたしも朝や昼間はかゆくなることは稀で、なぜか夕方すぎからかゆくなります。かゆくなる場所も、全身で、一箇所かくと次はまったく別のところがかゆくなりそれの繰り返しで、結局10分後くらいには全身をかきむしっていました。慢性蕁麻疹の多くは、夕方から夜にかけて現れ、翌朝から翌日の午前中には消えて、また夕方か...

≫続きを読む

 

かゆいブツブツはダニの可能性大!湿疹の特徴と見分け方

家にいるダニの大半はヒョウヒダニ(チリダニ)。家にたまったほこりの中に住む。人を刺さないんですね。ただし、ヒョウヒダニが増えると、それをエサにするツメダニも増え、これが人を刺します。ヒョウヒダニは刺さないが、その死骸や糞が、アレルギー性のかゆみや気管支炎を起こす場合があります。ダニに刺されると0.5...

≫続きを読む

 

かゆいぶつぶつが太ももに大量発生!?どうやって治す?

衣類には微量ですが、化学物質も含まれます。ずっと着ている衣類でも、ある日突然衣類の繊維にアレルギー反応を起こしてかぶれることもあります。太ももの付け根に湿疹やかゆみがある人は、ゆったりとしたサイズ、通気性の良い綿や麻の素材を身に着けてみてください。太ももにできる湿疹はズボンの擦れ、ストーブ・こたつで...

≫続きを読む

 

かゆいブツブツが背中や手にでた?掻いちゃダメ?

“背中のかゆみの主な原因”と“背中がかゆい時の対処法”を詳しく説明します。掻くのはNGです。何事も、原因を知って対処することが大切です。今日から正しい対処を行って、かゆみ対策しましょう。にきびは尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)というものです。毛穴の出口が狭くなり、皮膚の中に皮脂のかすが溜まることで...

≫続きを読む

 

かゆいブツブツが足首に発生?足の甲がかゆい?

食物アレルギーの紅斑(ぷつぷつ)やじんましん(分厚い腫れが点在)は、疑わしい食べ物の食後から徐々に、全身各所に出ます。接触性のじんましんやかぶれは、原因となる物質と接触した部分だけに出現します。顔や手が元々乾燥肌でトラブルがあるという方は、足の甲のかゆみも乾燥によるものである可能性が高いです。顔や手...

≫続きを読む

 

かゆいぶつぶつが足の付け根にできた?皮膚に痒み原因とは?

痒くて掻けば掻くほど痒みが増すのは蕁麻疹の特徴です。足の付け根が黒ずんだのは、「色素沈着」でしょう。これは中々取れませんが、あまり外気に触れない所ですから、皮膚のターンオーバーで徐々に消えていくでしょう。いんきんたむしとアレルギー湿疹とを間違えると、えさを与えて飼うことにもなりかねません。皮膚科に行...

≫続きを読む

 

足のかゆいブツブツから膿が!細菌感染が起こっている?

掌蹠膿疱症とは、膿がたまった水ぶくれ(膿疱)が手のひらや足の裏にいくつも出来る症状です。まず境目がはっきりした赤い斑点が現れ、その中に多数の小さな水ぶくれが生じ、だんだんと黄色に変わっていきます。掌蹠膿疱症とは、手のひらや足の裏にぶつぶつ(膿疱)ができ、そして、それが破れ、手のひらや足の裏の皮がめく...

≫続きを読む