左右対称の湿疹が痒くないのは深刻な病気の証拠?!

スポンサーリンク




左右対称の湿疹が痒くないのは深刻な病気の証拠?!

 

痒みを伴う脱毛

  1. ・ストレス
  2. ・膿皮症
  3. ・毛包虫症(ニキビダニ症・アカラス)
  4. ・疥癬
  5. ・ノミ・シラミ
  6. ・モスキートアレルギー
  7. ・アレルギー性皮膚炎
  8. ・アトピー性皮膚炎
  9. ・脂漏性皮膚炎
  10. ・天疱瘡(種類によって痒みを伴わないものもある)

 

など外部から感染するものや常在菌・常在虫が関与するもの、完治できるもの・できないものなど様々です。

スポンサーリンク

 

 

しかし痒くない左右対称の湿疹の場合は訳が違います。
場合によっては命の関わる湿疹の時がありますので、一度病院で見てもらう事を強く勧めます。

 

 

 

夜も眠れないほどの強い痒みをともないます。さらに、掻きむしると新たな散布疹が出現します。
丘疹や散布疹が融合して、大きな水ぶくれになることもあります。

 

散布疹が広がり、治療に3?6ヶ月かかることがあります。発熱や倦怠感が生じることもあります。

スポンサーリンク


 

湿疹の薬は炎症を一時的にとる目的のみに使用するだけで、一部の過激な人が指摘するように、決してそれのみで治すわけではありません。
全身の皮膚のどこにも湿疹という病変が存在しない状況を長く維持することで湿疹体質を改善するわけです。

 

 

 

血液検査でダニやハウスダストや食物などの原因となっているアレルギー物質のIgE抗体の濃度を調べることによって、
左右対称の湿疹のアレルギー反応による悪化の原因の見当をつけることができます。

 

しかし、血液検査でIgE抗体が陽性でも必ずしも実際の皮膚炎の悪化につながっているとはかぎりません。

 

スポンサーリンク

 

湿疹が左右対称に出る理由は?自律神経が関係している?

実に不思議な現象ですが、左右対称に出ることが多いです。物理的にそうなるとの意見もありますがそれだけではない考えます。おそらく神経系が関係しています。左側がかゆいときに、右側の同じ箇所を痛くすると左側のかゆみも少し治まります。なんだかの理由で自律神経が失調し、免疫調整機能がコントロールを失い、白血球走...

≫続きを読む

 

体幹のかゆい湿疹が左右対称に発生した?

ネコノミは体長2?3mmで庭は公園などで地面から足元に飛びついて吸血するので足や下腿に皮疹が集中するのが特徴です。室内でネコを飼っている場合は、上肢や体幹部にも見られます。小さな丘疹がかゆみとともに大きくなり、円形あるいは楕円形の茶褐色の湿疹が広がっていきます。下肢や腕、体幹などに現れます。症状は似...

≫続きを読む

 

左右対称に湿疹が出る原因は何?症状が悪化していく?

原因は「はっきりと分かっていない」というのが現状。というのも、遺伝による体質であったり、欧米化した食生活、不規則な生活スタイル、ダニ・ハウスダスト・真菌などの環境因子、かきむしったり洋服ですれたりなどの物理的刺激、人によって原因が違うのです。体質、環境要因、精神的ストレスなど、さまざまな要素が原因で...

≫続きを読む

 

左右対称の湿疹が痒みなし?物質が痒みや炎症を引き起こす?

炎症のコントロールは主にステロイドの塗り薬(医師の指導のもと正しく使用)が中心になります。痒みのコントロールは高ヒスタミンの飲み薬が中心です。掻くと一向によくならないので痒みを上手くコントロールしましょう。痒みなしの場合、もしかしたら深刻な病気の可能性もありますから病院に行くことをおすすめします。ス...

≫続きを読む

 

左右対称の湿疹が痒くないのは深刻な病気の証拠?!

痒みを伴う脱毛・ストレス・膿皮症・毛包虫症(ニキビダニ症・アカラス)・疥癬・ノミ・シラミ・モスキートアレルギー・アレルギー性皮膚炎・アトピー性皮膚炎・脂漏性皮膚炎・天疱瘡(種類によって痒みを伴わないものもある)など外部から感染するものや常在菌・常在虫が関与するもの、完治できるもの・できないものなど様...

≫続きを読む

 

左右対称の湿疹が足首に出た!?手首に小さいぶつぶつ?

皮膚に現れる肉眼的変化を総称して発疹(ほっしん)といいます。皮膚自体の病気、皮膚以外の病気、薬物、心因性によるものなどさまざまな原因で起こり、かつ発疹の種類も非常に多彩です。アトピー性皮膚炎患者の肌は、水分が逃げやすくカサカサしており、細菌やアレルゲンが侵入し、炎症を起こしやすいデリケートな肌質です...

≫続きを読む

 

左右対称の湿疹が手足に出る?実は重大な疾患の前触れ?

急に出現する発疹は、子供に多く見られる症状です。しかし、大人になって急に現れる発疹も見た目や症状が様々で、要因は色々あります。乳児は主に頬や額で、ひどくなると胸や背中、手足に広がることも。もう少し大きくなったお子さんは、首の周りやひじの内側、ひざの裏側といった関節の内側にできやすくなります。成人は顔...

≫続きを読む