ザイザルによる副作用で湿疹がたくさんできた場合は?

スポンサーリンク




ザイザルによる副作用で湿疹がたくさんできた場合は?

 

湿疹が治りかけの時は、痒みが強く出るので、そういうのです。
掻くとよけいに痒くなるので、痒い時はアイスノンなどで冷やすと、一時的ですが、痒みが治まります。

 

 

 

蕁麻疹や花粉症によく効きアトピーにも効果があります。
アトピーに合併する特殊な湿疹(痒疹や貨幣上湿疹)にもよく効く。アトピー+花粉症ならこれがお勧め。

 

論文では1094例の大規模な臨床試験があり間欠投与、連贈投与を比較。
共に重症度が下がり連続投与のほうが有意に効果が高く、また患者のQOLも改善されました。

スポンサーリンク

 

 

ザイザルは花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎、ダニやハウスダストで起こる通年性アレルギー性鼻炎、じんま疹、湿疹のかゆみなどに有効です。
ただし、対症療法薬ですので、アレルギーの原因そのものは治せません。

 

 

 

 

ザイザルの主成分レボセチリジン塩酸塩は、蕁麻疹、皮膚炎、湿疹、アトピーの症状改善やかゆみなどの緩和にも効果があります。
湿疹・皮膚炎に対する有効率は66%で、慢性蕁麻疹における有効率は77%もあります。同様の症状に効果があるとされている抗ヒスタミン薬のなかでもかなり優秀です。

スポンサーリンク


 

 

 

花粉などのアレルギー原因物質が体内に取り込まれると、体の防御反応が働き体内で免疫反応が起こりますが、
この反応が過剰になってしまっているのがアレルギーであり、この際にヒスタミンが過剰に放出されることが知られています。

 

 

 

ザイザル錠はジルテック錠の高い効き目はそのままで、副作用である眠気を少なくした抗アレルギー薬になります。

 

これは有効成分であるレボセチジリンが血液脳関門を通過せず、脳内への移行が少ない事から脳内のH1受容体へ結合する事が少ない事が理由となります。

 

スポンサーリンク

 

ザイザルの副作用はうつにも成りうる?

抑うつ状態になっていることです。元々の性格もあるとは思うのですが、ちょっとした事を一日中、考えたり去年10月に実母が亡くなったんですが、最近母の事ばかり考えて泣いたり、落ち込む日が前より多くなった気がします。「ふと、ザイザルが関係しているのではないかと思っています」このような人が後を経ちません。認知...

≫続きを読む

 

ザイザルの副作用で太るのはなぜか?

あまり知られていない副作用ですが、希に抗ヒスタミン薬を服用して太ることがあるらしいです。これは、女性は特に気になるところです。ヒスタミン受容体は体内の脳、胃粘膜、肺、肝臓に分布されています。アレルギー症状を防ぐためだけに抑制できればいいのですが、今の医療技術では不可能。同時に少なからず脳などの他の臓...

≫続きを読む

 

ザイザルによる副作用で湿疹がたくさんできた場合は?

湿疹が治りかけの時は、痒みが強く出るので、そういうのです。掻くとよけいに痒くなるので、痒い時はアイスノンなどで冷やすと、一時的ですが、痒みが治まります。蕁麻疹や花粉症によく効きアトピーにも効果があります。アトピーに合併する特殊な湿疹(痒疹や貨幣上湿疹)にもよく効く。アトピー+花粉症ならこれがお勧め。...

≫続きを読む

 

ザイザルの副作用は下痢になる!頻尿になることも?

花粉症の症状で代表的なものは口渇と眠気ですが、他にも様々な症状があります。花粉症の薬を服用して便秘や下痢、頻尿になったという声も聞かれますが、花粉症の薬の副作用に便秘や下痢、頻尿など胃腸や泌尿器系の副作用があります。倦怠感がある、嘔吐する、嘔気がある、食欲が不振になる、下痢する、そう痒がある等、皮膚...

≫続きを読む

 

ザイザルの副作用で便秘や不整脈・頭痛になるのは劇薬?

ほとんどのアレルギーの薬には便秘の副作用があります。抗コリン作用といって、腸の運動が悪くなったり、口が渇いたりする作用があります。薬を服用している間は、おなかにガスがたまったり、便秘になったりする患者様はけっこういます。ザイザルには便秘になりやすいといった副作用があります。ザイザルは抗ヒスタミン効果...

≫続きを読む

 

ザイザルの副作用で胃痛がヒドイ!腹部不快感や胃不快感は?

副作用がおきるかは個人差や環境さやタイミングによっても大きく変わりますが、胃痛・腹部不快感や胃不快感・眠気・傾眠、頭痛、疲労などには注意していただければと思います。とはいえいずれも眠気発生頻度が5%を切っているので、ザイザル自体副作用はそれほど発生しないお薬といえるでしょう。胃痛の原因には花粉症だけ...

≫続きを読む

 

ザイザルの副作用の悪夢ってなに?どういうこと?

「悪夢」は「睡眠時随伴症」の1つに分類される、睡眠障害を起こす要因です。主に発熱やストレス、過労やアルコール摂取などの要因で起こりやすい症状です。しかし頻度は低いものの、薬の副作用によっても「悪夢」を見る可能性があります。夜驚症は恐怖を与えている夢の中の対象を、幻覚として部屋の中に感じ、興奮し、発汗...

≫続きを読む

 

ザイザルの副作用はめまいがスゴイ?!動悸、倦怠感とは?

花粉症の薬を服用したときに、めまいや動悸の副作用が生じることがあります。めまいや動悸が生じるケースを多く、また倦怠感を伴うこともあるんです。花粉症の薬の副作用でめまいは起こります。副作用として激しい眠気があります。それとまれにめまいが起こることがあります。つまり、もしあなたが花粉症のお薬を飲んだあと...

≫続きを読む