モディオダールの副作用は肺に多大な悪影響を及ぼす?

スポンサーリンク




モディオダールの副作用は肺に多大な悪影響を及ぼす?

 

モディオダールとは
モディオダール(MODIODAL)とは、昼間に発現する強力な眠気を取るためのお薬です。

 

ナルコレプシー(過眠症)や睡眠時無呼吸症候群に伴う昼間の眠気の改善に使われています。
本剤の主成分は、モダフィニル(Modafinil)で、脳の神経を活性化し、精神活動を高める興奮剤の1つです。

 

 

服用して1時間ほどで薬が効いてきたのがわかります。
大抵14時半ごろまで一定の効果がありますが、15時以降には効果が薄れてきます。

 

日の体調や睡眠時間によっても異なりますが、15時〜17時の間のどこかでプツンと効果が切れます。

 

スポンサーリンク

 

重大な副作用として、発疹(皮膚にみられる色調や形態の変化)、
多形紅斑(円形の赤い斑点が多発する皮膚病)、蕁麻疹(赤い膨らみがあらわれる皮膚の病気)が起きる可能性があります。

 

 

 

肺動脈性肺高血圧症の治療に使われる薬の一つです。
ルナベルとボセンタン(トラクリア)の飲み合わせや併用には注意が必要とされています。

 

ボセンタンによりルナベルの代謝が進み、ルナベルの効果が落ちたり不正性器出血が発生しやすくなる可能性が報告されています。

 

 

 

血中濃度を高める可能性が報告されているほか、
モディオダールによりアセトアミノフェンの血中濃度が低下する可能性が報告されています。

 

 

 

口渇や便秘など、抗コリン薬に近い副作用が出やすいようです。
糖代謝亢進による熱っぽさも加え、ちょうど風邪を引いて食欲が無くなる、と言ったような感じになります。

 

 

 

全生存期間の有意な延長が認められています。
モディオダールは類似薬のゲフィチニブ(イレッサ)と同様に、間質性肺炎等の重篤な副作用に十分な注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

モディオダールの副作用は肺に多大な悪影響を及ぼす?

モディオダールとはモディオダール(MODIODAL)とは、昼間に発現する強力な眠気を取るためのお薬です。ナルコレプシー(過眠症)や睡眠時無呼吸症候群に伴う昼間の眠気の改善に使われています。本剤の主成分は、モダフィニル(Modafinil)で、脳の神経を活性化し、精神活動を高める興奮剤の1つです。服用...

≫続きを読む

 

モディオダールの副作用で視界がぼやける?

モディオダールの副作用で視界がぼやけることも多々あるようです。2007年の研究結果では、モディオダールの副作用で視界がひどく揺らぎ、倒れてしまう症状を訴える患者が大勢でたといいます。乱用薬物であり、メチルフェニデート(リタリン)と同じ第一種向精神薬として指定されています。副作用として、うつ病、躁病、...

≫続きを読む

 

モディオダールの副作用でイライラするのはなぜ?

使用が制限されているのが現状です。またモディオダールは即効性があり、ペモリンは持続性があるなどといった利点もあるが、イライラ、過度の興奮などの副作用に十分な注意が必要となります。この薬は精神活動を高める興奮剤の一種です。ナルコレプシー治療薬として第一選択されていて、希少疾病医薬品になるので、誰にでも...

≫続きを読む