ナルコレプシーの原因はなに?

スポンサーリンク




ナルコレプシーの原因はなに?記事一覧

ナルコレプシーの要因は「精神的なストレス」と「睡眠不足」です。実際、40代になって家庭の問題で精神的ストレスにさらされ、睡眠不足が続いたせいでナルコレプシーになってしまったという例があります。過眠症の種類の中でも一番多いと言われているナルコレプシーになってしまう原因は、ストレスが大きく関係していると言われていますがストレスだけではなくナルコレプシーになってしまう原因はいくつかあります。白血球の血液...

うつ病では、入眠困難や中間覚醒、早朝覚醒などの不眠症状が見られることがしばしばあります。また、躁うつ病患者は夜間の睡眠時間がかなり短縮しても活動を続けますが、不眠の自覚がありません。このような精神疾患がもとでナルコレプシーが生じる可能性があります。ナルコレプシーは脳を覚醒させる物質であるオレキシンが低下してしまう事で生じる疾患であり、決して気持ちのたるみや怠けが原因ではありません。病院でしっかりと...

ナルコレプシーの主症状である眠気はとても強烈です。睡眠発作と呼ばれ、普通の人が丸2日間寝ていなかったときに感じる眠気に匹敵するともいわれています。ナルコレプシーが発症する年齢は10代が最も多く、14〜16歳がピークとされています。代表的な症状としては、日中に繰り返される居眠り情動脱力発作の2つがあります。居眠りというと軽く聞こえるかもしれませんが、ナルコレプシーの居眠りは健常な人の居眠りとはわけが...

ナルコレプシーは日中、突然に強い眠気に襲われることが特徴。おもわぬ大事故を起こしてしまう危険があるため車や機械の運転をする際は十分注意する必要があります。オレキシン(orexin) とは食欲の増進、睡眠と覚醒の制御、交感神経の活動の促進などの効果があるホルモンです。オレキシンが分泌されると、筋肉が糖分を取り込む速度が増進し、体のエネルギー消費能力が上がり、スポーツなどの運動時のパフォーマンスにも影...

神経ペプチドの一種であるオレキシン(睡眠覚醒や摂食の調整をしています)が関与していると報告されています。睡眠と覚醒のバランスを調整しているオレキシンが障害されると、睡眠覚醒の維持が困難になり結果として、起きているときは眠りに移行しやすく、眠っているときは目が覚めやすい状態になると考えられます。ナルコレプシーの患者さんは、オレキシンという神経ペプチドをつくる細胞が欠落していることが分かっています。オ...

ナルコレプシーの原因はまだはっきりとは明らかにされていませんが、最近の研究では、オレキシンという脳内物質の欠乏が、この病気の発症に関わっていることが指摘されています。脳内物質の“オレキシン”が低下しているとナルコレプシーを発症しやすいのでは??と考えられているようです。ナルコレプシー発症の原因は、白血球と脳内物質が関わっているようなんです。白血球の血液型(HLA)を調べるとナルコレプシーを発症して...

睡眠時間をしっかりとっているのに、昼間、突然眠くなるとしたら、「ナルコレプシー」という病気かもしれません。症状は、日中、我慢できない強い眠気に何度も襲われます。睡眠不足のときや食後などは、誰でも眠気を感じますが、ナルコレプシーは、それに関係なく起こります。どこでも眠れます。代わりにいつでも眠ります。けれども眠りとは万人に生じるものであるため、病気だと気づいていない人も一定数以上いるといわれています...

スポンサーリンク