ナルコレプシー薬が効かないという患者も非常に多い?

スポンサーリンク




ナルコレプシー薬が効かないという患者も非常に多い?

 

一度医師に相談して薬を変えてみてはいかがでしょうか。
人によって相性があると思います。

 

また人によっては貧血に気を付けるよう言われます。
眠気を助長するようです。

 

 

 

薬を飲んだ直後、約30分ほどは「逆説的な傾眠」と呼ばれる一時的に眠気が増す症状を発することもあります。
副作用が患者によって差があるように、効果のほどにも差があります。

 

人によっては全く効かないというケースもあります。

 

スポンサーリンク

 

ナルコレプシーで同錠を7錠飲んでも効かないという事例もあります。
他にも「エスタロンモカ」効かないというのは複数見かけますね。
しかしそれが飲んだ直後の眠気のことを指しているのか、持続時間が短くて「効かない」と発言していのかは不明です。

 

 

 

モダフィニルでも効かない場合はペモリンという薬を使用しますが、こちらは副作用が強く、特に肝臓に負担がかかりやすいため継続使用するには注意が必要です。

 

 

 

モダフィニルの一般的な処方は、1回2錠(200mg)ですが、最大1日3錠(300mg)まで処方されています。
モダフィニルは、日本やフランスやメキシコでは、「モディオダール(Modiodal)」として販売されています。また、アメリカでは、プロヴィジル(Provigil)として販売されています。

 

 

 

 

これらの薬は、頭痛、イライラ感、口の渇き、動悸、胃の不快感、食欲減退などの副作用を起こすことがあります。
さらに薬を飲んだ直後の30分程度、一時的に眠気が強くなる「逆説的な傾眠」が約1割の人に見られるので注意が必要です。

 

 

 

なかなか難しい病気ですが、うまく付き合っていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

ナルコレプシーのセルフチェックをして確かめてみる!

『夜なかなか寝付けない』『朝起きるのがしんどい』『ちゃんと寝たはずなのに眠い』『寝てはいけないのに、つい居眠りしてしまう』それ、実は睡眠障害かもしれません。「ナルコレプシー」と言って、夜ではなく昼間に場所に関係なく、突然に強い眠気を起こす睡眠障害と言われています。日常に誰もが経験する、笑い、喜び、怒...

≫続きを読む

 

ナルコレプシー薬の副作用はかなり強いから危ない?

日中の眠気対策として使われるのは、覚醒作用のある薬です。専門的には「中枢神経刺激薬」と呼ばれている薬で、いくつか種類がありますが、現在よく使われているのはモディオダール〈一般名:モダフィニル〉です。このお薬はナルコレプシー治療薬です。脳の神経を活性化させ ハッキリ目覚めさせる作用があります。そのため...

≫続きを読む

 

ナルコレプシー薬の値段が高い?高騰する意味とは?

アンフェタミンという覚醒剤に類似する構造をしているため、厳しい流通規制が敷かれています。ナルコレプシーに有効な薬のひとつで、リタリンよりも効果の持続時間12時間ほどと長いため、頻繁に服薬しなくていいというメリットもあります。依存性が低く、乱用リスクが低いのはモディオダールの大きなメリットの1つです。...

≫続きを読む

 

ナルコレプシーの薬は市販のモノでも十分効くの?

二徹クラスの眠気で、市販薬が効くかどうかは、ナルコレプシーの症状の程度や体質によるようです。自転車に乗りながら、眠る人もいれば、そうでない人もいます。この薬は実は裏で市販もされているようですが、副作用もあるので、やはり専門医の処方に従った方が賢明です。薬の服用によって症状の軽減はできますが、ナルコレ...

≫続きを読む

 

ナルコレプシー薬が効かないという患者も非常に多い?

一度医師に相談して薬を変えてみてはいかがでしょうか。人によって相性があると思います。また人によっては貧血に気を付けるよう言われます。眠気を助長するようです。薬を飲んだ直後、約30分ほどは「逆説的な傾眠」と呼ばれる一時的に眠気が増す症状を発することもあります。副作用が患者によって差があるように、効果の...

≫続きを読む

 

ナルコレプシー薬の金額は10000円以上するのか?

現在、ナルコレプシーや特発性過眠症を診断するための反復睡眠潜時検査に対しては、保険が適用されるようになっています。費用の目安は3割負担の場合で20,000〜30,000円です。「モディオダール」というナルコレプシーに効果のある薬が日本でも処方出来るようになりました。この薬は保険適用で一錠100円位す...

≫続きを読む