目の周りの湿疹の不思議とは??

スポンサーリンク




目の周りの湿疹の不思議とは??記事一覧

目の周りで強い痒みが辛いアトピー性皮膚炎です。皮膚がカサカサとして赤いブツブツが出来るのが特徴です。アトピーは原因の多くが内因性のため、症状が左右対称に出ます。両目に同じ症状が出るようならアトピーの可能性が高くなります。目の周りの皮膚は、薄く、そしてデリケートです。ちょっとした刺激でも、腫れてしまったり、かさついたり、ブツブツと湿疹の原因になります。アイメイクって目の周りの皮膚に負担を掛けています...

ストレスで自律神経の働きが狂い、涙の分泌が少なくなることでかゆみがおこることもあるようです。ストレスは肌自体にも悪影響を及ぼすので、ストレスを溜め込まない生活を心がけるようにしましょう。大人になってから発症する例も多く、ストレスが大きな原因とも言われています。アトピー性皮膚炎は接触性皮膚炎とはちがい、その原因は複合的で特定することが難しく、治りにくい皮膚疾患のひとつです。アトピー性皮膚炎で目の周り...

特に目の周りの皮膚は他の部分に比べて薄いので、空気・髪の毛・タオルといった外部からの刺激を受けやすく、他の部分より先にかゆみを発症するようになります。また、肌が乾燥すると、様々な原因による皮膚炎を発症しやすい状態になります。改善しない場合は、病院へ行って下さい。軟膏などを処方されるでしょうが、ステロイド系のものであれば即効で効果があります。急性化膿性炎症なので、細菌をやっつける為に白血球が集まって...

一般的にヘルペスと聞くと口の周辺に出来る水ぶくれを連想しがちですが、色々なところに出来るので瞼や目の周りに出来ることもあります。目の場合は、早急に治療を行わないと視力の低下や最悪の場合は失明の危険もあるので気をつけたいものです。ヘルペスは抵抗力が落ちた時に、体の一番弱い場所に現れます。かぜをひいて体が弱っていたり、ストレスや過労などで免疫力が低下すると、体の中に潜んでいたウィルスが出てきて角膜で増...

大人の肌の表面が、ラップ1枚分の厚さだとしたら、赤ちゃんはその半分しかありません。皮膚が薄いということは、水分も失われやすいということです。特に、目の周りの皮膚は、かなり薄いので、すぐに乾燥して赤くなってしまいます。実際アトピーかどうか判断するのは、ある程度月年齢がたってからになります。生まれたばっかりだと病院でも乳児湿疹とアトピーの違いがわからないです。赤ちゃんは眠たいときに目の周りをこすったり...

目の周りは顔の中でも特に皮膚が薄く、他の部分に比べてよりダメージを受けやすい、乾燥しやすい部分です。目の周りの皮膚が乾燥しているとあらゆる刺激に対して弱くなってしまうので、かぶれ・アトピー・アレルギーなどの原因にもなります。日によって症状が変化する場合はアレルギーであることが一番考えられます。季節や気候などが全く関係しないなら細菌(内側わ覆いが外側では少ない)や真菌によるとも考えられます。ハウスダ...

目の周りの白いボツボツは、稗粒腫(ひりゅうしゅ、もしくは、はいりゅうしゅ)と呼ばれているものです。目元等、皮脂が少ない場所に出来やすい物であり、良性の腫瘍のような物です。腫瘍といっても良性ですし、細かい皮脂が薄い皮膚により塞がれている細かいニキビみたいなものなので、おおげさに捉えなくても大丈夫です。皮膚の表面付近にできる直径1?2mm以内の角質(かくしつ)が入った袋です。顔面にしばしば発生し、白色...

目の周りを中心に赤い点々がいっぱい出ています。子供の目の周りに、内出血のような赤い点々があります。ちょうど、眉から下、ほほまでぐらいに集中しています。これはなんなんでしょうか?ぶつぶつと言っても痒みのあるものやないもの、もしかしてだんだんひどくなってくるものもあるでしょう。考えられる原因を紹介していきますので、当てはまるものがあったら自分で対処できるものは対処して、予防もできるようにしておきましょ...

スポンサーリンク