脂肪腫の手術で足の全身麻酔は何科になるの?

スポンサーリンク




脂肪腫の手術で足の全身麻酔は何科になるの?

 

局所麻酔が効かないということで全身麻酔での手術になり、最低でも3泊4日の入院が必要になるそうです。
良性か悪性かで術後のケアは変わると思いますが全身麻酔で行うと悪いと思われる部分が広範囲で取ることが出来ます。

 

 

脂肪腫は体のあらゆる部位に発生しますが、胸、腹部、わきの下、足などの皮下組織によくみられます。

 

 

 

麻酔は大きく深呼吸をと言われ体がふわりとする感覚の直後意識はなくなります。
夢も見ませんし時間経過の感覚も全くありません。

 

深呼吸をもう一度しなくてはと時がついた時には手術は終わっています。

 

スポンサーリンク

 

形成外科というのは身体の特定の部位に応じて治療する他の科とは違って範囲は体全体に及びます。
皮膚や皮膚下に生じた組織の異常による疾患の治療を行います。

 

適応範囲は皮膚科とも重なりますが形成外科で扱う
治療一覧を見ると、機能や審美性の回復に重きを置いているとも言えます。

 

 

 

初診料等の診療費、手術費、病理検査費などを含めて10,000円ぐらいです。
もっとも、大きさや診察内容によって医療費は違ってきます。

 

切除したものは一応、病理検査をするのですが、これが一番高いです。

 

スポンサーリンク


 

痛くないからといって長い間放置してしまう方も多く、
気が付いた時には症状が進行してしまっていることも少なくありません。

 

 

ですので、背中にしこりができてしまった場合は軟部肉腫の可能性も視野に入れ、
まずは医師に相談してください。

 

 

 

内軟骨腫は手や足の指の痛み、骨巨細胞腫は膝関節周囲の痛みをともなう場合があります。
類骨骨腫は安静時の痛みがあるのが特徴です。

 

外骨腫は切除、他は病巣掻爬後に自家骨(多くは自分の腸骨)または人工骨(ハイドロキシアパタイト)を移植します。

 

 

 

身体の各部に発生しますが、背部、肩、頸部などに多く、
次いで上腕、臀部、大腿などのからだに近い方の四肢に多くみられます。

 

顔面、頭皮、下腿、足などは比較的まれです。

 

スポンサーリンク

 

背中の脂肪腫手術費用はいくらになる?

手術せず放置しても構いませんが、自然消失することはなく、少しづつ大きくなります。小さいうちに取れば小さいキズで済みます。薄い被膜に包まれていることが多く、周りの皮下脂肪と境界がはっきりしていれば直径の3分の2くらいの切開で取り出すことができます。脂肪腫がある程度大きくなってくると、脂肪腫が小さい時に...

≫続きを読む

 

脂肪腫の手術の90%は生命保険適用外なのか?

一般的に脂肪腫の切除では手術給付金は支払われません。手術給付金が支給される手術は88種類の従来のものだと脂肪腫の切除や扁桃腺除去は対象になりません。契約には、「病気入院は20日以上ケガ入院は5日以上で入院初日より支払う」契約があります。で「入院給付金支払対象」の「入院中に手術」した場合だけ手術給付金...

≫続きを読む

 

脂肪腫の手術は入院が94%必要になるの?

普通は日帰り、その場で取って終わりですが5X5は大きいです。1センチほどの小さな脂肪腫だと日帰りで手術を受けられますが、こぶのように大きなサイズとなると全身麻酔を打たなくてはいけませんから入院することになるのです。入院日数は最短でも3日程度となっており、長い時は10日ほどとなるのでその間までは安静に...

≫続きを読む

 

脂肪腫の手術は日帰り可能?失敗したら帰れない?

脂肪腫は皮膚の下に袋の様なものがありそこに脂肪と老廃物が溜まるんです。少し皮膚を切りその袋ごと摘出すれば終わりですので 術後は少しの痛みと違和感があるくらいなので日常生活には問題ないです。小さいうちは日帰りの手術で済みます。切除の跡が大きければ、雑菌が入り化膿するなど、リスクも大きくなる事をお忘れな...

≫続きを読む

 

脂肪腫の手術で足の全身麻酔は何科になるの?

局所麻酔が効かないということで全身麻酔での手術になり、最低でも3泊4日の入院が必要になるそうです。良性か悪性かで術後のケアは変わると思いますが全身麻酔で行うと悪いと思われる部分が広範囲で取ることが出来ます。脂肪腫は体のあらゆる部位に発生しますが、胸、腹部、わきの下、足などの皮下組織によくみられます。...

≫続きを読む