赤ちゃんの手のひらにしこり?それ深刻な病気かも?

スポンサーリンク




赤ちゃんの手のひらにしこり?それ深刻な病気かも?

 

赤ちゃんの手のひらにしこり?それ深刻な病気かも?

 

赤ちゃんはあせもなど湿疹ができやすいものです。
湿疹は、口のまわりや首にできることが多いですが、手のひらにもよく見られます。

 

赤ちゃんの肌は刺激に弱く、シャンプーやハンドソープなど
大人が日常的に使っているものでもかぶれてしまうことがあります。

 

 

赤ちゃんの抱っこや携帯の使いすぎで「しこり」が出来るとは考えにくいです。
使いすぎで発生するのは皮膚表面の角質化、すなわちタコ、マメなどと呼ばれるものです。
これらは皮下組織にまでは及びませんし、しこりのような形態もとりません。

スポンサーリンク

 

 

手の病気といっても生まれたばかりの赤ちゃんの手の先天異常・手の使い過ぎによる腱鞘炎や
リウマチなどの関節の炎症、怪我や事故による脱臼や骨折、神経や腱(スジ)の障害や断裂、加齢による関節の変形、皮膚や皮下・骨の腫瘍と様々です。

 

 

原因は子どもの場合はあまりはっきり分かっておらず、
以前は先天的なものといわれていましたが、赤ちゃんは親指をよく握っていることや、
小さな外傷の後に見られることもある為、後天的なものともいわれています。

 

 

 

 

ほとんどが市販のかゆみ止めの薬で十分ですが、かゆみが強い場合は、抗ヒスタミン軟膏や、ステロイド軟膏を使います。
赤ちゃんは強いかゆみをがまんすることができないので、かきこわしてできた傷に細菌がついて、とびひなどのトラブルになるおそれがあります。

 

 

 

子供の首に現れるしこりは医学的には腫瘤(しゅりゅう)と呼ばれるもので、小さな子供にはよく見られる症状です。
腫瘤ができたことで子供が痛みを訴える事もありますので、ママは痛みを緩和させてあげながら、様子をみていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

手のひらのしこりが痛い!もしかして命に関わるかも!?

痛みやしこりがあると、それが気になってしまい、場合によっては思うようにやるべきことができないこともあります。しこりはあっても特に痛みがなければ、基本的には大きな影響はありません。ただし、手に通っている神経を圧迫して痛みが出る場合には、治療する必要があります。手にしこりができた場合、可能性は低いのです...

≫続きを読む

 

手のひらのしこりは病気かも?!

私たちが物をしっかりと握れるのは、この筋膜が皮膚をつなぎ止めているからです。この手掌腱膜に異常が生じて手の動きが悪くなっていく病気があり、「デュピュイトラン拘縮(手掌線維腫症=しゅしょうせんいしゅしょう)」と呼ばれています。しこりができる場所は、関節の周辺や腱鞘のある場所、大きさは米粒大からピンポン...

≫続きを読む

 

手のひらのしこりは何科を受診すればいいの?

ガングリオンは関節近くできるということを考えると、手のひらにしこりができたときは、手首に近い位置にできることが多いです。しこりが小さく痛みを伴わない場合は、経過観察のみですが、痛みを伴う場合やしこりが大きくなった場合は注射針による吸引が行われます。ガングリオンは腫瘤のみで無症状なら、放置しても心配は...

≫続きを読む

 

赤ちゃんの手のひらにしこり?それ深刻な病気かも?

赤ちゃんはあせもなど湿疹ができやすいものです。湿疹は、口のまわりや首にできることが多いですが、手のひらにもよく見られます。赤ちゃんの肌は刺激に弱く、シャンプーやハンドソープなど大人が日常的に使っているものでもかぶれてしまうことがあります。赤ちゃんの抱っこや携帯の使いすぎで「しこり」が出来るとは考えに...

≫続きを読む

 

子供の手のひらにしこりが小さくコリコリある?

手のひらのしこりではガングリオンの可能性が高いと思います。痛みなどの症状がなければ、自然に消退することもあるため、そのまま経過観察でも良いと思います。ハイハイのときに手をつくことを痛みのために嫌がったときは穿刺などの治療を考えても良いと思います。幼児、乳児にもガングリオンは発生します。ガングリオンは...

≫続きを読む

 

手のひらのしこりは血管腫か?膨れて押すと固く痛みがある?

表皮に出来た血管腫はアザや血豆のような外観なのですぐわかると思います。皮下に出来た血管腫も通常青タンのように見えます。押したりこすったりすると悪化することがありますので、患部はできるだけ刺激しないようにしましょう。それでも指の曲がりがひどくなり、日常生活に支障が出てきたら手術が必要です。テーブルに手...

≫続きを読む