手のひらのしこりの驚異的な秘密とは?

スポンサーリンク




手のひらのしこりの驚異的な秘密とは?記事一覧

痛みやしこりがあると、それが気になってしまい、場合によっては思うようにやるべきことができないこともあります。しこりはあっても特に痛みがなければ、基本的には大きな影響はありません。ただし、手に通っている神経を圧迫して痛みが出る場合には、治療する必要があります。手にしこりができた場合、可能性は低いのですが、悪性の腫瘍の事もあります。まず専門の医師に診てもらいましょう。しこりの中身が淡い黄色のゼリー状の...

私たちが物をしっかりと握れるのは、この筋膜が皮膚をつなぎ止めているからです。この手掌腱膜に異常が生じて手の動きが悪くなっていく病気があり、「デュピュイトラン拘縮(手掌線維腫症=しゅしょうせんいしゅしょう)」と呼ばれています。しこりができる場所は、関節の周辺や腱鞘のある場所、大きさは米粒大からピンポン玉大まで、様々です。ガングリオンは若い女性に多くみられますが、決して手を多く使う人にだけできるもので...

ガングリオンは関節近くできるということを考えると、手のひらにしこりができたときは、手首に近い位置にできることが多いです。しこりが小さく痛みを伴わない場合は、経過観察のみですが、痛みを伴う場合やしこりが大きくなった場合は注射針による吸引が行われます。ガングリオンは腫瘤のみで無症状なら、放置しても心配はありません。ただし、診断をしてもらうためにも整形外科を受診しましょう。近くに整形外科がない場合は、皮...

赤ちゃんはあせもなど湿疹ができやすいものです。湿疹は、口のまわりや首にできることが多いですが、手のひらにもよく見られます。赤ちゃんの肌は刺激に弱く、シャンプーやハンドソープなど大人が日常的に使っているものでもかぶれてしまうことがあります。赤ちゃんの抱っこや携帯の使いすぎで「しこり」が出来るとは考えにくいです。使いすぎで発生するのは皮膚表面の角質化、すなわちタコ、マメなどと呼ばれるものです。これらは...

手のひらのしこりではガングリオンの可能性が高いと思います。痛みなどの症状がなければ、自然に消退することもあるため、そのまま経過観察でも良いと思います。ハイハイのときに手をつくことを痛みのために嫌がったときは穿刺などの治療を考えても良いと思います。幼児、乳児にもガングリオンは発生します。ガングリオンは10代、20代の女性に多く発生する腫瘍ですが、それだけにとどまらず、男性、50を超える人、 さらには...

表皮に出来た血管腫はアザや血豆のような外観なのですぐわかると思います。皮下に出来た血管腫も通常青タンのように見えます。押したりこすったりすると悪化することがありますので、患部はできるだけ刺激しないようにしましょう。それでも指の曲がりがひどくなり、日常生活に支障が出てきたら手術が必要です。テーブルに手のひらをぴったりつけられなくなったら、手術したほうがよいでしょう。血管や神経近くにしこりができた場合...

スポンサーリンク