白血病の初期症状であざが痛みを発してくる?

スポンサーリンク




白血病の初期症状であざが痛みを発してくる?

異常な血液細胞が全身を巡ることにより、リンパ節の腫れ・
腹部の腫れ・骨や関節の痛み・頭痛・吐き気・嘔吐など、さまざまな症状が現れることがあります。

 

 

 

 

通常のあざは、何かにぶつけたりした時によくできるものです。
不意に手や足をテーブルやドアなどに打ち付けたりすると、痛みと共に内出血が起こるようになります。

 

 

 

 

しばらくすると、その内出血の跡が赤紫色にあざとなって現れるようになります。
ぶつけたことでできるので、当然ながら痛みがあるものです。

 

スポンサーリンク

 

 

白血病細胞が骨髄で増え過ぎてくると、骨や関節に痛みが出る事があります。

 

あるいは白血病細胞が血管の流れにより他の離れた臓器に広がり、
肝臓や脾臓が大きくなったり、リンパ節が腫れたり、歯ぐき(歯肉)腫れる事もあります。

 

 

 

 

知らないうちに複数のあざができていたという時は要注意です。白血病によるあざは治りにくいのも特徴です。
あざの数や治り方をよく観察し、おかしいなと思ったら他の症状が伴っていないかよく自分の体調を省みましょう。

 

 

 

 

白血病の症状であざが出来るのは、血液中の血小板細胞の数が減るので、
血管壁が傷付いた場合は止血するのに時間が掛かるからです。

 

 

これはどこかに体をぶつけた訳でもないのに体のそこらにあざが出来ます。

 

 

特に体重の掛かる足・下腿・太ももの裏側・膝の裏などは
白血病の症状で痛みがないのが特徴で、いつの間にか出来ています。

スポンサーリンク

 

 

 

あざは皮膚の下で内出血を起こしている状態ですが、
血液の色は赤なのにも関わらず、なぜ青あざや黄色いあざができるのでしょうか。

 

 

 

まず、対象部位を強くぶつけることで、内部組織が損傷し、皮膚の下で出血を起こします。

 

 

 

内部出血をした時点ではまだ青あざにはならず、赤いシミのような状態になります。
その状態から徐々に赤い色素のヘモグロビンが壊れ、次第に青い色に変化をしていきます。
これが青あざの状態です。

 

 

 

そこからさらに色素が変化していくと、最終的にはビリルビンという黄色を帯びた物質に変化します。

 

 

 

 

黄色いあざの原因であるビリルビンは、古くなった赤血球が破壊されるときに生成される黄色い色素です。

 

 

ぶつけてすぐの内出血は赤く腫れて熱を持ちます。
その状態から青あざへと変化していきますがその間内出血の患部の腫れと熱は、
破壊された組織修復のために自然治癒力が働きます。

 

 

 

 

日本人の場合、青いあざが現れることがほとんどですが、
場所によっては茶色いあざや黒いあざ、赤いあざが出てくることもあります。

 

 

 

 

あざの色が異なるのは、皮膚のどの深さにメラニン色素があるのかによって決まったり、
赤血球の色が透けたりすることが関係しています。

 

 

 

あざやほくろはどんな人の体にも1つや2つはあるものですが、
私たちの体に現れるあざにはさまざまな種類があり、色や大きさ、できる原因も違いますので、
我が子の肌にできてしまうと、やはり心配になってしまうものです。

スポンサーリンク


 

白血病の初期症状あざ写真と子供や目は?

白血病の初期症状のあざについて詳しく写真や画像で見ていきたいならYahoo画像検索・Google画像検索で「白血病の初期症状のあざ写真子供の目」や「白血病の初期症状あざ写真画像」と検索すると色々な写真画像を見ることができます。Yahoo写真画像検索エンジンはこちらをクリック!Google写真画像検索...

≫続きを読む

 

白血病の初期症状であざが痛みを発してくる?

異常な血液細胞が全身を巡ることにより、リンパ節の腫れ・腹部の腫れ・骨や関節の痛み・頭痛・吐き気・嘔吐など、さまざまな症状が現れることがあります。通常のあざは、何かにぶつけたりした時によくできるものです。不意に手や足をテーブルやドアなどに打ち付けたりすると、痛みと共に内出血が起こるようになります。しば...

≫続きを読む