悪性黒色腫が転移するヒミツとは?

スポンサーリンク




悪性黒色腫が転移するヒミツとは?記事一覧

脳転移は進行すると、頭痛、吐き気、けいれん、麻痺を起こしたり、出血して命に関わることがあるので、他の臓器に転移があっても優先的に治療を検討すべきです。脳転移に対しては全脳照射がよく行われていますが、転移個数が少なく全身状態が良好な場合には、サイバーナイフやガンマナイフなどの定位放射線照射が勧められることがあります。初期段階では、ほくろと区別がつかないような、シミに似たデキものとして発生します。初期...

悪性黒色腫は全身どこの臓器にも転移します。進行した悪性黒色腫に対しては外科治療のほか、薬物療法、および放射線治療などいろいろな手段を組み合わせた治療(集学的治療)が行われます。各ステージの標準的な治療法は、はっきりと確立されているわけではありません。大まかに治療が行われますが、患者の年齢や全身状態などによって、選択される治療法が変わることもあります。手術では治癒が望める場合、または腫瘍の病巣の切除...

メラノーマ(悪性黒色腫)の症状でメラノーマにはタイプによりながらも小腸前駆症がありますので、比較的早期発見が可能です。小腸前駆症とは、メラノーマになる一歩手前の状態を言います。日本人ではメラノーマの過半数が肢端部に発生し、紫外線の関与は少ないと考えられますが、サンスクリーン剤などで紫外線防御を行うことにより露光部のメラノーマの発生率が減少する傾向はあるため,紫外線防御を考慮しても大丈夫です。悪性黒...

メラノーマは数ある癌の中でも最も悪性度の高い癌です。早期に転移し、進行も早く、抗癌剤、放射線が非常に効きにくい癌でもあります。原発(最初に癌が出来た所)から転移すると、かなりの確率で予後は良くありません。悪性黒色腫(メラノーマ)とは、メラニン色素を作る細胞であるメラノサイトが癌化によって生じる悪性腫瘍です。多くは黒褐色の病変として皮膚に生じてきます。ホクロと似た形状であるため、放置や診断において見...

がんに立ち向かう上で、もっとも注意したい「再発や転移」。医師による適切な処置を受けていたとしても再発・転移の可能性はある、ということをわきまえておかなければなりません。死亡率が高い原因に、メラノーマはがんの中で転移の頻度が高いことが挙げられます。場所ですが胃がんや肺がんなどは早期発見して小さいうちであれば、まず転移することはありません。ところがメラノーマは、小さくでも転移していることがあるのです。...

診断は皮膚科専門医による臨床症状の総合的な診断によることが多いのですが、診断の確定には腫瘍の標本の検査(病理組織検査)が必要です。臨床症状から診断するのが難しい場合は、腫瘍全体を切除する全切除生検を行います。臨床症状から診断できない場合は、生検(病変の組織を採取する検査)を行い、組織を顕微鏡で観察して診断を確定します。血液検査で腫瘍マーカーの値を参考にすることもあります。しかし腫瘍マーカーはかなり...

メラノーマが最も厄介で、がんがまだ小さい段階でも転移をすることがあり、転移を起こすと切除後も再発を繰り返したり、予後が厳しくなります。メラノーマの転移先として多いのは、骨やリンパ節、肺などが挙げられます。通常、転移(再発)であれば原発から、リンパ節の間に出てきます。再発した基底細胞がんに対しては、基本的に再手術を行います。ただし高齢の患者さんなど、手術が難しいと判断された場合には、放射線療法や凍結...

発生頻度は人口10万人あたりの年間患者発生数として2人程度と推測されます。皮膚のメラニン色素の量の多寡によって発生頻度は異なり、日光紫外線に対する防御能が弱く、人口10万人あたりの年間患者発生数として15人程度の発生数です。発生部位は足底(足のうら)が最も多く、体幹、顔面、爪が続きます。どこの皮膚にも発生しますが、ふだんあまり気にしない足底に最も多いことは注意すべき点です。その他、悪性黒色腫は皮膚...

日本で最も多い皮膚がんは基底細胞がんですが手術で病巣部を取り除けば転移の可能性も少なく、予後が良いという特徴があります。そのため5年生存率を示すデータがほとんどありませんが、全体として約95%程度といわれています。欠損がみられると高頻度で転移が起こることが知られており、また遺伝子発現のパターンによって大きく2つに分けられ、転移の頻度、つまり予後が大きく変わっていることが報告されています。0期やI期...

スポンサーリンク