メラノーマとほくろの特徴とは?97%ホクロの症状が現れる?

スポンサーリンク




メラノーマとほくろの特徴とは?97%ホクロの症状が現れる?

 

ホクロやシミは比較的輪郭がハッキリし、丸い形をしていますが、メラノーマは形がいびつで輪郭はギザギザしているのが特徴です。
ホクロやシミのように1色ではなく、メラノーマの場合は色の濃い部分と薄い部分が混じっているのが特徴です。

 

メラノーマ(悪性黒色腫)を早期発見するには、通常のほくろやシミと見分ける必要があり、気を付ける必要があります。

 

 

 

大きさのほかに見分けやすい特徴が形です。ほくろは通常、きれいな円の形をしています。
しかし、癌の場合は成長のペースによって形がゆがんでいくため、円の形をしていないことが多いのです。

スポンサーリンク

 

 

見た目だけで判断するのは難しいものです。

 

 

悪性黒色腫は大きくなるほど転移しやすく、
早期発見がキーポイントとなりますから、
判断に迷った場合にはためらうことなく皮膚科を受診することが大切です。

 

 

 

足の裏や手、爪などにできやすく、日本人はこれらの部位に30%くらいの割合で出現します。
欧米の人は『表在拡大型』と呼ばれ、体などにできることが多いと言われています。

 

 

 

 

メラニン色素を生成するメラノサイト、色素性母斑(ほくろ)にできる悪性腫瘍、がんです。
原因は紫外線の影響、何らかの皮膚への刺激と考えられていますが、はっきりしたことはわかってはいません。

 

メラノーマの特徴は放置するとリンパ節に転移し、内臓をはじめ脳などの重要な臓器に広がることです。

 

 

 

日本でも、生まれつきに、体の広範囲に黒褐色のあざ(色素性母斑)があると、
その部位からメラノーマが出てくる可能性が高いことは古くから知られており、
形成外科では培養皮膚(人工に作成した皮膚)などを用いた予防的な手術も行われています。

 

 

スポンサーリンク

メラノーマのほくろ画像写真を見てみる

メラノーマのほくろ画像写真ついて詳しく写真や画像で見ていきたいならYahoo画像検索・Google画像検索で「メラノーマのほくろ画像写真」や「メラノーマ ほくろ画像」と検索すると色々な写真画像を見ることができます。Yahoo写真画像検索エンジンはこちらをクリック!Google写真画像検索エンジンはこ...

≫続きを読む

 

メラノーマとほくろの違いは全く異なるアレだった?

30代以降になって急にできたホクロは注意です。ホクロと皮膚がんの基本的な違いですが、中には素人では区別がつかないものもあります。少しでも気になるホクロがある人は、念のため皮膚科で検査を受けましょう。メラノーマは以下の点でホクロとの見きわめが一応可能です。いびつな形でること(Asymmetry)境界(...

≫続きを読む

 

メラノーマとほくろの見分け方は明らかに違う?

皮膚ガンの一種である「メラノーマ」は目に見えることから早期発見が可能なガンですが、ホクロと間違えやすく、また進行の早い死亡率の高いガンなため注意が必要です。ほくろとガンの見分け方はいろいろありますが、メラノーマの中には境界がハッキリしたものもあり、シミと見た目の違いがよくわからないものもあります。ま...

≫続きを読む

 

メラノーマとほくろの特徴とは?97%ホクロの症状が現れる?

ホクロやシミは比較的輪郭がハッキリし、丸い形をしていますが、メラノーマは形がいびつで輪郭はギザギザしているのが特徴です。ホクロやシミのように1色ではなく、メラノーマの場合は色の濃い部分と薄い部分が混じっているのが特徴です。メラノーマ(悪性黒色腫)を早期発見するには、通常のほくろやシミと見分ける必要が...

≫続きを読む

 

メラノーマか?ほくろは取るのが最善?

皮膚科に行って見てもらいましょう。心配なホクロがあると伝えましょう。微妙な悪性良性の判断は見た目だけでは難しく、切り取って詳しくみます。メラノーマっぽくっても良性だったりします。小さい皮膚科でも手術もできるらしいのですが、取ったものは大きな病院でみてもらえます。ほくろ除去の治療をレーザーで行っていい...

≫続きを読む

 

メラノーマのほくろが変化?大きさ・色・形などが変化する?

自分の身体のホクロの数を正確に把握している方はいらっしゃらないでしょう。それほどホクロは人体のあちこちに散らばっているものです。皮膚がんは、皮膚にできるので発見しやすいものですが、ほくろと間違えやすいので注意が必要です。良性の母斑(ほくろ)が、変化し悪性化するとの考え方が有力ですが、それとは無関係に...

≫続きを読む