メラノーマとほくろの見分け方は明らかに違う?

スポンサーリンク




メラノーマとほくろの見分け方は明らかに違う?

 

皮膚ガンの一種である「メラノーマ」は目に見えることから早期発見が可能なガンですが、
ホクロと間違えやすく、また進行の早い死亡率の高いガンなため注意が必要です。

 

 

 

ほくろとガンの見分け方はいろいろありますが、メラノーマの中には境界がハッキリしたものもあり、シミと見た目の違いがよくわからないものもあります。

 

またメラノーマは全身どこにでもできる可能性があります。年に一度は家族とお互いにほくろチェックをするのも良いでしょう。

スポンサーリンク

 

 

メラノーマはほくろに比べて大きいです。ほくろの大きさは本当にさまざまで少しふくらんでいてかなり大きい場合もあります。
これに対してメラノーマは7mm以上の大きさであることが多いです。

 

実際に定規などで7mmを測ってみたらお分かりいただけると思うのですが、7mmはけっこう大きいです。

 

 

 

ほくろは周囲の皮膚との境目がシャープではっきりしていますが、
悪性黒色腫はその形状がゆがみながら成長するため、
時の経過とともに周囲の皮膚との境目がシャープではなくなり、ぼんやりとした感じになるためそれだとわかるようになります。

 

 

 

メラノーマの全体の約30%は、足のうらや手のひら、手足の爪下部などに発生し、このタイプが日本人に最も多いです。
その他、胸・腹・背中などの中心部や手足の付け根の部位、高齢者では顔面にも発生しやすく、不規則な形の色素斑(しみ)が徐々に拡大していきます。

 

 

 

足の裏のほくろがメラノーマである確率は、1万分の1と言われていますので、確率としては高くはありません。

 

自分では判断できない場合、心配な場合は専門の皮膚科の先生に診てもらうことをオススメします。
大きさが6mm以下であっても、成長段階である可能性は否定できないので、気になる場合は早めに診療をしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

メラノーマのほくろ画像写真を見てみる

メラノーマのほくろ画像写真ついて詳しく写真や画像で見ていきたいならYahoo画像検索・Google画像検索で「メラノーマのほくろ画像写真」や「メラノーマ ほくろ画像」と検索すると色々な写真画像を見ることができます。Yahoo写真画像検索エンジンはこちらをクリック!Google写真画像検索エンジンはこ...

≫続きを読む

 

メラノーマとほくろの違いは全く異なるアレだった?

30代以降になって急にできたホクロは注意です。ホクロと皮膚がんの基本的な違いですが、中には素人では区別がつかないものもあります。少しでも気になるホクロがある人は、念のため皮膚科で検査を受けましょう。メラノーマは以下の点でホクロとの見きわめが一応可能です。いびつな形でること(Asymmetry)境界(...

≫続きを読む

 

メラノーマとほくろの見分け方は明らかに違う?

皮膚ガンの一種である「メラノーマ」は目に見えることから早期発見が可能なガンですが、ホクロと間違えやすく、また進行の早い死亡率の高いガンなため注意が必要です。ほくろとガンの見分け方はいろいろありますが、メラノーマの中には境界がハッキリしたものもあり、シミと見た目の違いがよくわからないものもあります。ま...

≫続きを読む

 

メラノーマとほくろの特徴とは?97%ホクロの症状が現れる?

ホクロやシミは比較的輪郭がハッキリし、丸い形をしていますが、メラノーマは形がいびつで輪郭はギザギザしているのが特徴です。ホクロやシミのように1色ではなく、メラノーマの場合は色の濃い部分と薄い部分が混じっているのが特徴です。メラノーマ(悪性黒色腫)を早期発見するには、通常のほくろやシミと見分ける必要が...

≫続きを読む

 

メラノーマか?ほくろは取るのが最善?

皮膚科に行って見てもらいましょう。心配なホクロがあると伝えましょう。微妙な悪性良性の判断は見た目だけでは難しく、切り取って詳しくみます。メラノーマっぽくっても良性だったりします。小さい皮膚科でも手術もできるらしいのですが、取ったものは大きな病院でみてもらえます。ほくろ除去の治療をレーザーで行っていい...

≫続きを読む

 

メラノーマのほくろが変化?大きさ・色・形などが変化する?

自分の身体のホクロの数を正確に把握している方はいらっしゃらないでしょう。それほどホクロは人体のあちこちに散らばっているものです。皮膚がんは、皮膚にできるので発見しやすいものですが、ほくろと間違えやすいので注意が必要です。良性の母斑(ほくろ)が、変化し悪性化するとの考え方が有力ですが、それとは無関係に...

≫続きを読む