寝違えの治し方【湿布の正しい使い方とは?】

スポンサーリンク




寝違えの治し方【湿布の正しい使い方とは?】

首を寝違えてしまったときに自分で簡単にできる治療法は患部に湿布を貼るということです。
しかし、湿布には2種類あります。

 

冷感湿布と温感湿布です。
寝違えた場合は、これらを上手く使い分けて使用しないと、早く治るどころか、逆に悪化してしまう場合もあります。

 

 

 

温感湿布は、カプサイシンという唐辛子などに含まれている辛み成分のひとつが入っています。
そのため、皮膚に温かく感じるように刺激を与え、患部の血行を良くすることで消炎鎮痛作用を狙っているのです。

 

スポンサーリンク

 

 

首の可動検査の結果、筋肉の炎症タイプだった方は、
痛みの箇所を揉みほぐしたいところだと思いますが、揉みほぐしてはいけません。

 

揉みほぐすと、炎症タイプは、楽な気になりますが、痛みはひどくなります
ほぐす高価のある、ストレッチも良くないことになりますので、注意が必要です。

 

 

 

 

動かすことで炎症はひどくなります。
冷やしたあとのオススメはアイスノンや冷えピタです。
貼り続けることが出来たら効果的です。

 

 

湿布も炎症を抑えるのに効果的なんですが、痛み止め成分も含まれています。

 

 

 

寝違えは、脇の神経の圧迫が原因という話をしましたが、
首や肩が炎症を起こしている可能性もあります。

 

 

そこで効果があるのが湿布などの冷却剤です。

 

冷湿布を貼ったら、温湿布を貼って筋肉を緩めてあげます。

 

スポンサーリンク

寝違えを起こした当日にこの行動をすることで、
だいぶ、寝違えが緩和されるはずです。

 

 

 

痛みをとる治し方として、湿布を使う人が多いかと思いますが、シップは正しい方法で使えば本当に凝りに効き、一瞬で筋肉をほぐしてくれます。
しかし間違った方法で湿布を使うとむしろ悪化してしまうこともあります。

 

 

 

冷湿布がない場合は、氷をビニール袋に入れたものを患部に当てるという応急処置的な治し方でも大丈夫です。
寝違えた首が痛む間は、患部を温めるのはいけませんから、お風呂でお湯に浸かるのも控えたほうがいいです。

 

 

 

なお、湿布で患部を冷やすのはせいぜい寝違えが起きてから1〜2日程度にしてください。
寝違えてから数日経過後になっても冷やしていると、今度は逆に治りが遅くなってしまいますので、湿布を貼るタイミングについては注意をしてください。

 

湿布で冷やしすぎると治りが遅くなるので注意!

 

「まずは冷湿布で冷やしましょう」
ということを耳にすることも多いですが、実はそれは間違いです。

 

湿布は正しくは「温感」と「冷感」なので、実際に温めたり、冷やしたりという効果はありません。

 

 

寝違えた首の治し方を習ってからは、寝違えや肩こりにも効くので助かっています。
首の後ろに人間に大切な所があるので、シップを貼っても効くそうです。

 

 

 

激しい首や背中や肩の痛みが継続していたり、動けないほど首や背中や肩に異常を感じる場合は無理をせず病院に行きましょう。
ただの寝違えだと思っていても、神経障害や筋肉断裂など思わぬ病状であることもあります。

 

スポンサーリンク


寝違えの治し方は首筋をうまく動かせばすぐ治る!?

実は、寝違えたときの対処法として、患部を直接マッサージするのはNGなんです。『寝違え』は、首・肩まわりの筋肉が正常に動くことが出来ない『筋肉の非常事態』にあります。今は動かさないように身体から指令が来ていますので守るのが1番です。それを無視して不用意に動かすと、『筋肉の余計に動かせないような炎症が強...

≫続きを読む

 

寝違えの治し方【背中や肩甲骨まで痛い方はこちら】

寝違えで首だけでなく、背中や肩甲骨まで痛むのか。その原因は、肩甲挙筋という筋肉にあります。肩甲挙筋は頚椎(首の骨)から肩甲骨の内側の角に付く筋肉で肩甲骨を引き上げたり、首を上に向ける時に使います。肩甲挙筋に主な痛みが出るので肩甲骨の動きが悪きなり首から背中にかけての症状としてあらわれるのです。睡眠中...

≫続きを読む

 

寝違えの治し方【湿布の正しい使い方とは?】

首を寝違えてしまったときに自分で簡単にできる治療法は患部に湿布を貼るということです。しかし、湿布には2種類あります。冷感湿布と温感湿布です。寝違えた場合は、これらを上手く使い分けて使用しないと、早く治るどころか、逆に悪化してしまう場合もあります。温感湿布は、カプサイシンという唐辛子などに含まれている...

≫続きを読む