ノロウイルスの潜伏期間は?

スポンサーリンク




ノロウイルスの潜伏期間は?記事一覧

激しい吐き気や腹痛、下痢などをともなうノロウイルス。ノロウイルスは非常に強い感染力があるため注意が必要です。特に今年2016-2017年シーズンは10年に一度の大流行の兆しもあり、感染予防や感染拡大への対応が必要です。出社してもよいのか疑問に思いながらも、休めないからといって出社されている方も多いと思いますが、自分でよいと判断しても、周りに感染してしまうリスクはゼロではありません。結論から言うと完...

ノロウイルスは、感染力が非常に強いため家族感染しやすい感染症です。潜伏期間中でも人にうつるのかどうかによって、他の家族や周りの友人の行動にも大きな影響が出てくる場合があります。感染すると24時間〜48時間の潜伏期間を経てから発症し下痢や嘔吐などの症状として表面に現れてきます。感染が疑われた時は、もちろん病院に行って検査をしてもらいましょう。ただ、ノロウイルス感染がわかったとしても抗ウイルス剤は存在...

牡蠣を食べてノロウィルスになりたくなければ、しっかりと加熱する必要があります。元々、全ての2枚貝が原因になりえるのですが、生で食べる機会が多いのは圧倒的に牡蠣なので、牡蠣が悪者になっちゃいます。食中毒と聞くと梅雨時や夏の暑い時期のことと考えがちですが、冬に猛威を振るう食中毒の原因にノロウイルスが挙げられます。ノロウイルスは11月から3月にかけて多く発生するため、冬が旬の牡蠣を食べる時期と重なり、実...

学校を休んでも欠席扱いにならない出席停止ですが、ノロウイルスはインフルエンザと違って指定された伝染病となっていないので、出席停止になるか明確には決まっていません。ちなみに、出席停止になるか、ならないかは学校保健法という法律で決まっています。素手で食品をつまみ直接食べたり、手洗いの習慣が不十分である事からノロウイルスに感染しやすいと考えられます。特に保育園・幼稚園や学校に通う生徒や園児がノロウイルス...

残念なことに現時点ではノロウィルスを発症してしまった場合は効果のある治療薬や予防薬はなくウィルスが外に出るのを待つしかありません。嘔吐や下痢の症状は2〜3日で治まりますが症状が治まってからも体内にはウィルスが残っているため家族への感染のリスクは残っています。ノロウイルスは感染力が強く、10〜100個の少量のウイルスでも感染するといわれています。つまり潜伏期間中で下痢をまだ発症していなくても、感染者...

ノロウイルスは、ウイルス性の感染症で、年間を通して発生しますが、特に寒い冬の時期(10月頃から流行がはじまり12〜1月にピーク)に大流行を見せます。また、感染力が非常に強く、少量のウイルスでも感染・発症します。一方のノロウイルスは10〜100個で発症すると考えられているので、インフルエンザの100万個で発症することと比べても、感染力がかなり強いことがわかると思います。ちなみに同じく食中毒で注目され...

ノロウイルス感染症は「胃腸炎」を発症する感染症でもありますから、治療中の食事に関しては「胃に負担をかけないもの」を摂取することが大切です。大人の場合も同じで・成人であっても胃腸に負担のかかる油っこい食事は極力避けるようにしましょう。ノロウイルスの潜伏期間は意外と短いもの。「もしかしたら?」と思った場合には、2日前までの食事や行動などを思い返すことで、病院に行くべきか早めに判断出来るかもしれません。...

スポンサーリンク