湿疹が治らない?13の原因とは?

スポンサーリンク




湿疹が治らない?13の原因とは?記事一覧

全身の湿疹は赤みのある小さいポツポツした湿疹。赤みのある大きく盛り上がった湿疹。赤く地図のように出ている湿疹。赤く頂点に水疱がある湿疹と色々症状があります。全身ともなるとなかなか治らないのです。湿疹はアレルギー性接触皮膚炎や、あせもなどがあります。接触皮膚炎は、原因物質が皮膚に繰り返し接触することで起こります。これは原因さえつかめれば治りやすいです。口の中や唇、全身に多数の水疱やびらんをつくる天疱...

わたしは無意識に書いている状態が続き中々治らなかったので医者で同じ様な塗り薬をもらい塗ったところかなり改善して来ております。結局、病気、怪我は自己の再生能力よってしか治りませんので、まず掻かない事が一番です。ストレスは自律神経(交感神経と副交感神経)と深いかかわりがあります。自律神経のバランスが崩れてしまうと手汗・足の裏の汗、わきの下の汗、頭部の汗などの局所的多汗症を発病してしまうケースがあります...

赤いブツブツやかぶれ、皮膚の腫れ。こうした皮膚炎・かぶれは決してめずらしいものではなく、多くの人が日常的に経験するものです。症状に合った薬をキチンと選べていれば問題ありません。しかし中には、「なかなか治らない」「化膿してジュクジュクしてきた」など、症状が悪化してしまうケースもあるようです。症状が慢性化してくると、皮膚科硬くゴワゴワしたり(苔癬化といいます)、黒ずみ(色素沈着といいます)が生じたりし...

顔だけだったら皮膚科にかかるのが面倒だとか、少しだけ様子を見てみようなどの理由で処置を先延ばしにしてしまうと治るものも治らないばかりか、症状をさらに悪化させてしまいます。病院で診ていただいても、その症状からただの乳児湿疹なのか、アトピー性皮膚炎なのかを判別することは難しいようです。それで、赤ちゃんの場合、2か月以上、皮膚の状態が続けば、アトピー性皮膚炎だと判断されるようです。オロナインを塗って、症...

自律神経にバランスを崩してしまい、湿疹を起こし首のまわりや腕などまで広がってきてしまうということもあります。緊張というのは、湿疹以外にもいろいろな異常を起こしてしまうこともあります。その緊張を取り除いていくことで湿疹は治まってきますが、なるべくならストレスを溜めない暮らしを送ることが健康のためにも良い方法になるでしょう。痒いからといって腕を掻きむしってしまうと、痕になって残ります。また市販のかゆみ...

子供の肌って、毛穴がなくて、すべすべモッチモチ。ところが、意外にも湿疹に悩まされる子供は多いんです。子供の皮膚は大人より薄く柔らかだから、トラブルが起こりがち。特に冬は乾燥による湿疹が増える季節。一見きれいでも、実は乾燥していることが多いんです。アトピーの人が気をつけなければならないのは、主に食事ですが、生活環境も大切です。食事は、根菜類を中心とした野菜生活で大事なのは、農薬、化学肥料、合成添加物...

肌が乾燥しているのかと思って、保湿をしてみても一向に痒みが治らないその背中の痒みは内臓系の病気のシグナルかもしれません。例えば胆汁性肝硬変であれば、胆汁が分泌される胆管の機能が壊れてしまうことで全身に胆汁が循環されてしまうという病気で、そのせいで背中を始め全身に強いかゆみが出ます。症状が進行すれば進行するほどかゆみは止まらなくなるばかりか、一層に増して耐えられないくらいのかゆみを伴ったりします。首...

アレルギー性皮膚炎の代表的な疾患アトピー性皮膚炎はアレルゲン以外に黄色ブドウ球菌・マラセチア菌・乾燥や汗などの非アレルゲン・大気汚染生活環境など様々な原因により症状が悪化する多因子性の疾患です。人間の体は時として思いがけない異常が出るものです。特に体の表面に現れるのが、長く治らないタイプの湿疹で、かゆみを伴って長く続きます。皮膚科にいくと症状にあわせた薬を処方してもらえますが細菌感染とアレルギーに...

頭皮湿疹は種類があり、原因も複数あります。シャンプーやヘアケア剤、カラーリング剤などの刺激によるもの、頭皮の乾燥が原因で起こるもの、アトピー性皮膚炎が原因で起こるものがありますが、一番多いのが脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というものです。人の肌にはマラセチア菌という菌がいるのですが、この菌は皮脂を食べます。そして、この菌が分解した物質であったり、この菌が繁殖して肌にダメージを与えることによって...

スポンサーリンク