骨肉腫の初期症状は足に出やすい?

スポンサーリンク




骨肉腫の初期症状は足に出やすい?

聞きなれない病名かもしれませんが、これは10代前半の若い人がかかることの多い骨のガンです。
70〜80%は、足の膝のあたりに腫瘍(骨の場合は肉腫と言います)が出来ます。
それ以外では、肩の上腕骨辺りにできます。

 

 

 

 

症状が悪化するにつれて痛みが大きくなり安静時でも痛むようになります。

 

さらに膝のの曲げ伸ばしがしにくくなるなど関節の動きが悪くなり、
足を引きずって歩く「跛行(はこう)」などの様々な症状が見られるようになります。

スポンサーリンク

 

 

 

骨肉腫の診断が下ると、出来る限り早い時点で腕や足の切断術を施されていましたが、
切断後に肺転移が現れるなどした為、四肢の切断をしても患部を温存しても5年生存率はほぼ同じとされています。

 

 

 

 

骨肉腫というのは骨の骨の腫瘍悪性の代表格です。
骨の悪性腫瘍の中でも最も発症頻度が高いのが原発性骨腫瘍と言われます。

 

 

青少年期に発病する事が多いようです。
この原発性骨腫瘍にかかると予後が悪いのです。

 

 

 

 

特に膝関節や肩関節に近い所から発生するようです。

 

 

初期の症状は足の捻挫や加齢によるものだと勘違いされやすいので、
早期発見することは難しいとされています。

 

 

 

患者数の少ない「希少がん」のひとつである悪性骨腫瘍には
「骨肉腫」や「ユーイング肉腫」といった種類があります。

 

 

 

「骨肉腫」や「ユーイング肉腫」は整形外科疾患と似た症状が出ます。
手足の痛みが原因で検査を行い、悪性骨腫瘍が発見されることもあります。

スポンサーリンク

 

 

 

日頃からマッサージするなどして、いち早く異変を察知することができます。
しこりなど不自然な部位に気付いてすぐに病院へ連れて行ったことが幸いして大事に至らずに済んだという例もたくさんあります。

 

 

 

 

骨肉腫は早期発見が一番大事だとは思います。発生は20歳以前がほとんどで、痛みから始まります。
安静時の痛みある場合は必ずレントゲン検査を受けることが重要です。

 

 

しかし、診断された時には既に肺に癌細胞が転移している場合も多いとも言われています

 

 

 

予防が難しい上、転移をしやすいので、早期発見が重要です。
捻挫と症状が似ているので発見が遅れがちです。

 

 

 

捻挫なら放っておけば大丈夫と思わず、異変があったらすぐに病院に連れて行ってあげましょう。

 

 

 

外科手術によって完治する場合もありますが、残念ながら再発も多く見られます。

 

足の切断手術をせずに放射線治療をおこなう場合もありますが
あくまで痛みの緩和が主であり、治癒は期待できません。

 

 

 

 

腫瘍に対する知識をある程度もっていると、触った時に「しこり」があった場合など、
悪性なのか良性なのかの判断は難しいものの、ある程度の状況判断はつくので、日頃の健康チェックに役立てられるでしょう。

 

悪性なのか良性なのか?

 

腫瘍(しゅよう)には大きく分けて2種類あります。「良性腫瘍」と「悪性腫瘍」です。
確かに、肝臓にできる腫瘍のほとんどは、肝臓癌などの悪性のものが多いですが、中には、良性の腫瘍もあります。

 

良性腫瘍は、正常な細胞が集まってできた、腫瘍の事です。

 

がんは、やはり、正常の組織に比べると硬いのですが、硬ければ硬いほどがんを疑うかというと、そうではありません。小石のようにカチコチのものは、石灰化など良性変化の事も多いのです。

 

良性ポリープが腫瘍性のポリープだった場合、そのまま放っておくとだんだんと大きくなり、やがては悪性に変化して、大腸がんになる可能性もあるのです。
そのため、たとえ良性であっても、時には良性のうちに切除する必要のあるものもあります。

 

腫瘍によってはかなり大きくなっても痛みのないものもありますが、自然になくなることはまずありません。
悪性のものでも痛みのないものが多いです。早めに受診して相談しましょう。

 

大きく目立ってみえ,乳房全体にばらけてみえるものは良性であることがほとんどですが
小さいものが一カ所にたくさん集まっている場合には悪性を疑うことになります。

 

軟部腫瘍は経過観察や手術などで終わる養成と手術以外の放射線治療などが必要になる悪性があります。
この画像診断で良性なのか悪性かを鑑別し、生体検査の必要性を判断します。

 

骨肉腫は生体検査でチェックする?

 

単純X線写真:骨の、どの部分にどのような変化が生じているのかを見ます。
胸部X線写真:肺転移の有無などを診断します。
コンピューター断層撮影(CT):X線を使って、体の輪切り像(横断像)を描き出す検査です。

 

診断において,年齢,病変の部位,症状の有無や変化,大きさの変化などは非常に重要です.またこれまでに,どんな病気にかかったことがあるかなども診断の材料となります。

 

主な症状は痛みですが、レントゲン検査で骨に変化があらわれるまで症状が出ないことも珍しくありません。治療方法は抗がん剤治療と手術(外科治療)からなり、放射線治療はあまり効果がないと考えられています。

 

 

スポンサーリンク


骨肉腫の初期症状は?腕〜肩まわりによく出る?

腫瘍の半数ちかくは、大腿骨(だいたいこつ)の下端にできます。つぎに多くみられる部位は脛骨(けいこつ)(膝(ひざ)から下の太いほうの骨)の上端です。腓骨(ひこつ)(膝から下の細いほうの骨)の上端にも発生し、70〜80%が、膝の周囲にできます。上腕骨(じょうわんこつ)の上端(肩の部分)にも比較的多くみら...

≫続きを読む

 

骨肉腫の初期症状は足に出やすい?

聞きなれない病名かもしれませんが、これは10代前半の若い人がかかることの多い骨のガンです。70〜80%は、足の膝のあたりに腫瘍(骨の場合は肉腫と言います)が出来ます。それ以外では、肩の上腕骨辺りにできます。症状が悪化するにつれて痛みが大きくなり安静時でも痛むようになります。さらに膝のの曲げ伸ばしがし...

≫続きを読む

 

骨肉腫の初期症状は手首から見られる?ホントは怖い?

関節痛や骨折の治癒過程である可能性もありますが、手首に白いもやがかかっているとのことでしたら、骨軟骨腫、骨肉腫、軟骨肉腫などが考えられます。関節は全身にあります。とにかく、身体の中で動く部分には間接があるわけです。首、ひじ、ひざ、手首、足首、指、肩、あご、背中(脊髄)、腰(股関節)などなどによく発生...

≫続きを読む

 

骨肉腫の初期症状は指にも?指の関節が痛い?

骨肉腫の好発部位は膝が約50%です。あとは上腕骨や脛骨など、足や腕などの長い骨にできるものです。痛みも初期は筋肉痛程度の場合がほとんど。指だけの痛みで骨肉腫の判断は時期尚早というか、基本的にはしません。まずは整形外科を受診してください。良性の骨腫瘍では、10歳代や20歳代の若い人に多い「骨軟骨腫」や...

≫続きを読む

 

骨肉腫の初期症状は膝から?

骨肉腫による症状は膝の痛みや腫れが見られる程度で、これといった特徴がありません。症状がほとんど同じである筋肉痛やねんざ・打撲などと勘違いされて放っておかれることがほとんどです。骨にできる癌は、悪性リンパ腫や多発性骨髄腫などが存在しますがこの骨肉腫は、骨にできる癌の半数をしめています。骨を作る細胞が癌...

≫続きを読む

 

骨肉腫の初期症状は足首から痛みが出る?

右足のふくらはぎ・足首が痛みだし今は激痛がきており中々寝れない左足はなんともないのに激痛でつらいなどの場合があります。治療によっては、手足を切断しなければいけないイメージの強い病気ですが現代では、手足の切断が必要無い場合も多く、手足の切断の必要が無い場合の5年生存率は70%に上っています。早期発見し...

≫続きを読む

 

骨肉腫の初期症状ですねが痛い?

運動するとすねが痛む程度から3ヶ月ほど経過し腫れが生じる頃は、絶えず強い痛みに苦しんでいる状態です。すねは打ちやすい部分としても知られている場所ですが、なんらかの原因によってすねが腫れて痛いとなった経験はないでしょうか。すねの打ち身と言うのは骨に近い部分もあってかなり痛みを伴い腫れる事もありますが、...

≫続きを読む

 

骨肉腫の初期症状は腰痛が一か月ほど続く?

背骨に転移した場合、腰痛や背部痛となって痛みを感じます。腫瘍が大きくなると、骨が潰れて、圧迫骨折を起こします。また、背骨のすぐ後ろにある脊髄神経が腫瘍で圧迫されると、手足のしびれや麻痺がでます。症状が進行すると、痛みが強くなり、安静にしても痛んでしまいます。膝の曲げ伸ばしがしにくくなる事により関節の...

≫続きを読む

 

骨肉腫の初期症状で足の甲にできる可能性は?

「足の甲が痛い!」足をひねったとかぶつけたとか、明確な理由がある場合はともかくとして、原因が分からないのに足の甲が痛む場合には、思っても見なかった病気が潜んでいる可能性があります。足の甲の場合は単なる腫瘤だと思います。癌性の物であればもっと進行が早く健康ではいられません。整形でも慎重に扱った行程だと...

≫続きを読む

 

骨肉腫の初期症状で顎から何故か痛む?

口の中にできる腫瘍は歯原性と非歯原性、つまり歯茎を含む顎の中にできるものとそれ以外のところにできるものに分かれ、顎骨腫瘍は歯原性腫瘍の一つで、口の中にできる腫瘍の約10%占めます。顎骨に発生する悪性腫瘍には、周囲の軟組織から発生した歯肉がんなどが顎骨に浸潤するものと、骨肉腫のように顎骨中心性に発生す...

≫続きを読む

 

骨肉腫の初期症状はかかとから?辛い痛みに注意?

かかとが痛い場合は腫瘍です。紫外線と酸素を嫌います。民間療法にカーボン光線治療というものがあります。これは太陽光をその部分に照射するというものですが、要するに、自然の太陽光に足の裏を15分程度あてれば、同じ効果があります。足裏の日光浴です。骨肉腫とはかかとからの骨組織に原発する悪性腫瘍で、直接型骨(...

≫続きを読む

 

骨肉腫の初期症状が子供にも?幼児に発生する?

骨肉腫の好発年齢は成長期に当たる年齢で100万人に1人とも2人とも言われています。極めて珍しい病気ですが、骨肉腫の多くは、成長期にあたる子供が多いです。子供はいろいろな病気を発症し 進行も早いのが特徴です親としては 怖いかもしれませんが 急いだ方がいいと思います。とにかく気になったら早めの治療をオス...

≫続きを読む

 

骨肉腫の初期症状は骨盤からくる?痛む原因は?

骨肉腫に次いで頻度の高い原発性悪性骨腫瘍です。20才以上が殆どで、中年に好発します。また、骨軟骨腫や内軟骨腫に二次的に発生する事があります。発生部位は骨盤や仙骨が多く、骨肉腫よりはゆっくりと発育するため、症状があまり無く、大きくなってから受診し、手術が難しい場合が多い腫瘍です。悪性骨腫瘍は、「原発性...

≫続きを読む

 

骨肉腫の初期症状は背中に出やすい?

関節のように曲げたりする動作を行う場所であれば、骨が弱って骨折する場合もあります。骨肉腫は初期症状が明確でないため、痛みを感じることが病気を知るサインとなります。背中に生じた場合も初期症状がはっきりせず、歯科でのX線診断から判明する場合もあります。場所は下顎に多く見られます。骨腫瘍の症状といえば、ま...

≫続きを読む

 

骨肉腫の初期症状は肘から苦痛が続く?

骨肉腫で痛みが出るのは、腫瘍が大きくなって骨を飛び出す時です。骨自体には神経はなく、骨を覆っている骨膜に神経があるので、腫瘍が骨の中にあっても痛みは感じません。患者の75%が10代であり、若い年代での発症が圧倒的に多い、という特徴を持っています。初期段階において、大きな痛みはありません。症状が進行す...

≫続きを読む

 

骨肉腫の初期症状で膝裏のリンパに痛みを感じる?

骨肉腫の初期症状は小さく硬いしこりが手の関節や膝裏等に発生します。発赤も痛みも通常はありませんが、比較的大きなしこりになることがあります。鈍い痛みが生じることもあります。袋状のしこりの内部に液状の内容物が詰まっているため、診断が容易とされています。膝裏の痛みの原因のひとつに膝の腫瘍があります。膝の腫...

≫続きを読む

 

骨肉腫の初期症状が太ももの骨やすねの骨に出る?

骨肉腫の初期症状の発生部位では、発生頻度が高い順番に、膝周辺(太ももの骨やすねの骨):約60%股関節:約15%肩関節:約10%顎:約6%となっています。初期症状では、レントゲンで撮影しても肉腫は発見できない場合がほとんどです。大事なのは、このサインをみつけたら、日付と状態を記録しておき、自分で様子を...

≫続きを読む

 

骨肉腫の初期症状はレントゲンですぐ分かる?

骨肉腫ならレントゲンで異常は指摘できます。骨肉腫が写るのではなく、本来は白く写る骨の一部が黒くぬけて写りますので、何かの異常があると指摘できます。骨肉腫は骨に悪性腫瘍(がん)ができる病気ですので、レントゲンで骨の状態を撮影することにより、腫瘍の有無や骨の破壊を確認することができます。また、骨肉腫は肺...

≫続きを読む

 

骨肉腫の初期症状は鎖骨に出る?注意深く見るべし!

鎖骨周囲の痛みは、頚椎椎間関節症の可能性が高いです。これは、頚椎(首の骨)と頚椎のつなぎ目の関節(椎間関節)が痛む病気です。椎間関節の痛みは、いろいろな所に響きます。骨肉腫は、若い方に多く見られる病気ですが、高齢者でも発症するケースがあります。骨肉腫が原因で、骨折してしまうと、寝たきりになってしまう...

≫続きを読む

 

骨肉腫の初期症状は肋骨から危ない?

骨肉腫の発生部位は、「大腿骨・上腕骨・骨盤・肋骨」などです。腫瘍の成長が遅く転移しにくい特徴があります。転移する癌は、いくら抗がん剤を使おうが、手術しようが、また復活をし、増殖すると考えます。その証拠に、日本人の1/3はガンで亡くなる統計です。肉腫が発症しやすい場所は、主に四肢(大腿骨や上腕骨、腓骨...

≫続きを読む

 

骨肉腫の初期症状はしびれから始まる?

寝ている時に無理な体勢で寝ていたなど、原因に気付かないこともありますので、つったようにしびれて痛かったり、強くぶつけたところが動かしにくく感じるほどしびれて痛みを感じたり痺れてきたりという事があれば、直前まで特に異常を感じなかった場合でも、整形外科に一度相談しましょう。腫瘍そのものの症状が出現する前...

≫続きを読む

 

骨肉腫の初期症状はふくらはぎにも現れる?

ふくらはぎやすねの筋肉は 太いためケガや使いすぎで腫れると圧力が非常に高くなって血管や神経を圧迫してしまう症状もあります。すねやふくらはぎのケガの後や足を使いすぎている場合に起こり、下腿がパンパンに腫れて痛みがひどく、何をしても痛みが引かなかったり痺れや冷感 などがある場合は注意が必要です。「太もも...

≫続きを読む